2014年与えてもらった時間を有意義に生かしたい

2013年は、離れてひとりで暮らしていた母が、認知症の症状が進み、1年間のあいだに、老人保健施設→病院→老人保健施設と移ることになり、その手続き、移動などで、慌ただしい年ではありました。

でも、それまでのひとり暮らしの母の生活を、不安に思いながらも、遠方で見守るしかなかったこれまでの数年にくらべると、落ち着いていられる年でした。もう少し仕事も頑張りたいという気持ちの余裕もうまれました。

これも、母の介護に携わってくださる施設の方々のおかげです。

母が今どんなことを思っているのかわかりにくくなりましたが、穏やかにいてくれることがありがたいです。

2014年、母に与えてもらった時間を有意義にいかせるよう、すごしていきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。




"2014年与えてもらった時間を有意義に生かしたい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント