二校完了、悪筆で申し訳ないです

執筆中の単行本の再校正が完了。加筆修正のしまくりで、赤字を何度も消して書き書きし、しかも悪筆。自分でも読めないときもありますから、編集者さんには申し訳ないです。
それでも終わってほっとしています。

画像



<追記2012年2月>
このときの原稿が、『親のお金の守り方』という本になりました。

"二校完了、悪筆で申し訳ないです" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント