本の初校までこぎつけました

原稿の締め切り日の2カ月前の段階では、書籍編集者との約束を果たせるかどうか、「5分5分の見通し(内心は30%)」、「情けない状態です」と編集者にはお伝えしていたのですが、なんとか、間に合いました
なんとか、予定どおり、1月に本が出せそうです。
いまは、編集者や校正者がチェックを入れてくださった初校を、著者校として、あと3日ほどで読んでいきます。
画像

<追記2012年2月>
このときの原稿が、『親のお金の守り方』という本になりました。

"本の初校までこぎつけました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント