個人向け国債10年ものの利率の決め方が変更になり、低金利下では若干有利に

本日、6月14日放送のFM横浜「THE BREEZE」の「Thuesday Budget」では、「個人向け国債」というテーマでお話しました。放送で紹介した内容のダイジェスト、アップしてみます。

TVでもCMが流れていますが、個人向け国債がリニューアルされました。

変更になったのは、個人向け国債の10年ものの利率の決め方。
6月の募集からになります。

これまでは、「基準金利-0.8%」 引き算方式

これからは、「基準金利×0.66%」 掛け算方式に。
  (訂正 2011年7月2日 「基準金利×0.66」でした。失礼しました)

基準金利とされているのは、金融機関がおもに売り買いしている10年国債の金利(「個人向けのタイプではありません)。

初回の利子は、0.77% 従来方式だと、0.37%

低金利下では、掛け算方式のほうが、若干高い金利になります。

今回リニューアルした背景には、個人向け国債の売れ行き不振があるのでしょう。

発売されたのは、平成15年ですが、この低金利で金利に魅力を感じない人が多くなり、発行額は下がるばかり・・・。

変動金利で年2回、金利は見直されますので、ずっとこの金利というわけではありませんが、金利があがっていくなら、この先、そう不利にはならないでしょう。


★日本の国債は大丈夫?という声もよくありますが。

国債は、国が国民からお金を借りるということ。借用書のようなものです。

国債が大丈夫かという声というのは、日本はちゃんと、借金を返してくれるのかという懸念ですね。
もともと国としての借金も多く、さらに東日本大震災の復興のために、借金がさらに増えるのが日本の財政事情です。

このまま、政府が対策をとらなければ、ギリシャのように借金が返済できないという状態にもなりかねませんが、すぐにどうこうということにはならないと思います。

そもそも、国債は不安で、預貯金は大丈夫ということではないんですよ。
銀行もあずかった資金で、相当の国債を購入して、預金の利子を生み出しているんですから。

円か、海外投資かという観点では、円にばかり資産を集中するのはリスクといえるでしょうが、私たちは日本に住む以上、ある程度の円をもたなければ、暮らしていけません。
ドルやユーロでは、スーパーで支払いはできませんから。

その円の預け先をどこにするかと考えたとき、中長期の運用先として、個人向け国債もひとつの候補になります。

中途換金した場合は、1年経過後から可能になり、その際、2回分の利子分が、差し引かれて戻ってきます。
つまり1年以上保有していれば、一応はプラスになるという仕組みです。

日本人は、とにかく満期まで持ち切るのが好きですが、10年満期まで預けておけなくても、大丈夫です。


★こんな買い方もおすすめ

個人向け国債10年ものは、発行は、1月、4月、7月、10月の3カ月ごと。
募集はそれぞれひと月前。3カ月ごと。次は9月です。

資金の半分で今回6月に購入したら、次の9月に残り半分を買う。

すると、利払いが、3カ月ずれるので、年間通すと、3カ月ごとに、利子が入ることになります。


★なお、これまで発行された10年ものの個人向け国債は、引き算方式で変更がありません。

今回の募集は6月3日から6月30日まで。

全国のゆうちょ銀行、銀行、証券会社などで、購入できます。
インターネットで購入できるところもあります。

以上。

★ちなみに、私は個人向け国債のキャンペーンおばさんではありませんから。



"個人向け国債10年ものの利率の決め方が変更になり、低金利下では若干有利に" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント