ライブドアの配当が6500円(案)も出るんだって

貯まっていた封書類を整理していたら、ライブドアの株主へのお知らせの冊子があり、捨てる前に目を通していたら、「損害を堀江氏に請求中」などと書いてあって興味をひかれ、読んでいくうちに、配当額に目が釘付けになりました。
1株あたり6500円を出すとしています。上場廃止になる前に、6株購入していましたので、家族で外食できる金額にはなります。

まったく期待していなかったです。
もう、この株券はただの紙切れと思っていましたので。
こういうときは半信半疑になるもので、とりあえずネットで検索。

情報を整理してみると、06年1月に堀江氏が逮捕されてから、ライブドアは子会社を次々と売却し、資産額は1200億円にもなっていたとのこと。今回の配当はほぼ半分の680億円を出すということです。
この高配当を出すにあたり、ファンドなどの大株主の強い要請があったとか。
おかげで、私のような個人株主にもまわってくることになりました。

おそらく、これだけの配当額は、最初で最後でしょう。

ライブドアをふりかえるとき、新興市場のバブルぶり、株式公開株の高騰など,当時の「異常さ」がよみがえってきました。

再上場への甘い期待で、堀江氏事件後に株主になったのですが、当時の自分のゆがんだ投資熱が思い出されます。

今日この頃のマネー誌のテーマは、株、株、株で、フィーバーしていますが、こういうときは、バブルだったりするので、要注意だと思っています。

"ライブドアの配当が6500円(案)も出るんだって" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント