お薬手帳が無料に_大いに活用しよう

画像

診療所でもらった処方箋を薬局に出したら、「おくすり手帳が無料になりました」と教えてくれました。
母を別の総合病院に連れていったときには、何も教えてくれなかったのですが。

おくすり手帳に記入してもらったり、薬のシールを貼ってもらうと、これまでは、50円の自己負担があったはず。
医療費の節約がテーマの原稿では、不要ならおくすり手帳の記入は断ろう、といったことを書いたことがあります。

震災を機に、国も方針を変えたようです。
2012年4月1日より、「薬学管理料(薬剤服用歴管理指導料)」に含まれるようになり、シールをもらってもお金がかからなくなりました。

薬の履歴は、健康状態の履歴。
履歴をふりかえって、今後の、病気の予防に意識が向かうように活用していきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

えりさべ~こ
2012年07月08日 22:57
おそばを食べる時、
まず野菜から食べる、適度の塩麹利用など、
食事で身体を気をつけることは
とても大切なことだと思います。

同じ年齢の友人が糖尿病を指摘されました。
まずは食事が大事なんだよね~~

と話したら

「薬を服用するほうが楽だから
好きなもの食べたいし

いろいろな考え方がありますよね。
もちゃんと服用することはとても大事です。
でも、食事も大事なんだけど・・・
やはり生活習慣を変えるのは大変なんですよね

食事、薬は上手に付き合いたいですね。

だって、いつまでも美味しいもの食べていたいものね







管理人より
2012年08月01日 19:48
えりざべ~こさん、コメントありがとう。
日本の薬、安くて優秀だから、食事に気をつけるよりも薬って発想出てくるのかなぁ。
でも、食事ってトータルなものだから、アンチエイジングもダイエットも食事から。やっぱり大事にしたい。

この記事へのトラックバック