朝ドラ『てっぱん』の最終週を前に「ライフプラン」を破り捨て

HNKの朝ドラ『てっぱん』は、心に残る1本にきっとあがるはず。『ゲゲゲ・・・』より数段、面白い、です。
話のテンポが早いし、毎朝、つい泣けてしまうドラマでした。
涙をティッシュでおさえつつ、ついでに鼻をかんで、「家族を大事にしよう!」と、明るく朝のスタートをきれるようなドラマです。

自称、朝ドラ評論家としては、あと1週間で、終わるのがほんとうに残念です。

このドラマの後半でちらほら出てきて、職業柄、耳に残っていたのが、「ライフプラン」。

この日の放映では、作成した「ライフプラン」表を破り捨て、「数字や予測」なんか捨てて(セリフがきちんと覚えていないので曖昧です)、自分と幸せになろう、と登場人物が言う場面があって、印象に残りました。

この震災で家も仕事も家族も失って、ライフプランを立てても何も役に立たない・・・・。
そんな声が、大震災に遭遇してしまった今は聞こえてきそうです。

でも、何も先のことが考えられない状態でも、立ち上がって、前を見て、数年先のことをよい方向にもっていきたいと考えられる日が、きっとくるでしょう。

そんな日が一日も早くくることを祈っています。

この記事へのコメント

えりざべーこ
2011年04月06日 09:06
『てっぱん』観てました。

・自分の道は自分で決める
・朝は必ず来る

いい言葉ですよね!!

長男が仙台在住で大丈夫でしたが、今回の震災は人ごとではありませんでした。
地元の買占め行動に疑問を覚えたり、
友人の石巻での炊き出しボランティア活動に感動したり・・・

今、出来ること、
改めて考えさせられました。

わが街は今週あたり、桜が満開ですね。
仙台は芽が膨らんで来たと連絡がありました。

東北地方の復興と日本の明るい未来を祈りたいです。
私たちも元気でいることが大切!
仕事に、そこそこの気分転換に、
ファイトで~す!!


えりざべ~こ


管理人北見です
2011年04月08日 09:44
えりざべ~こさん、こんにちは。
震災から1カ月、節電をする、風評に惑わされず、節度ある食材や食品の買い物をする、といったことを心がけています。

子どもに、「ため息」のつきすぎだと注意されました。

元気でいないといけませんね。ファイト~です!!
mikan
2011年04月19日 09:09
北見さん、こんにちは~我が家の長女も4月末より大学に通い始めます。新幹線と在来線を使い2時間の距離。同級生は、下宿する人もたくさんいて・・交通費をかけて通学させるべきか
下宿させるべきか、迷っている今日この頃です。奨学金10万の中で、やり繰りさせたいと
思っています。(小遣いを含め、食費にどのくらいかかるのか?家計費からの持ち出し2~3万必要か)とりあえず、3か月小遣い帳をつけさせて検討します。朝、起こすこと~夜、寝る事まで・・高校生と同じ生活で、下宿させれば
少しは変わるかな~と思っています。
管理人(北見)
2011年04月20日 14:21
mikanさん、コメントありがとう。親としては悩みますね。子どもを社会人にさせる前のこの数年間が、家計にとっては一番厳しい時期かも。家計とお子さんの気質にもよるので、観察&話し合い、で、よい方向に親子でもっていってくださいね。

この記事へのトラックバック