GmaliのIMAPで無料で何台のpcもメールが同期できる(1)

メインで使っていたacerのデスクトップpcが、再起動を繰り返すので、ただ今、修理に出しています。
修理といえば、「初期化」は了承せざるをえないので、とくに過去にやりとりしたメールをしばしば失ったりして、大いにダメージがあったのですが、今は、Gmailのおかげで、メールのやりとりに支障がありません。

今は、ニフティやBIGLOBE、その他もろもろのメールをGmailに取得させ、ネット上のGmail画面で読んでいます。
なので、どのpcであっても、送受信したメールが読めます。

わかりやすく言うと、指定の他のメール会社のサーバーの自分のポストを巡回して、屆いているメールをとってきて、Gmailのネット上で読んだり、返事を書いたりできる機能です。

取得してきたメールはGoogle社のメール保管場所に残っているので、インターネットにつなげられれば、いつでもメールを読むことができます。
Gmailを解約しないかぎり、大地震など天変地異が起こっても、まずメールは保護されるという安心感があります。


さらに、私の場合は、「pop」ではなく「IMAP」という設定にしています。
(いずれもGmailの「設定」で選べるようになっています)

こうすると便利な点は、
それぞれのpcのメールソフト(outlookやThunderbirdなど)で、gmailサーバーに残るメールが、すぐに自動的に同期されることです。
つまり、どのpcでも、メールソフトで、メールの受信が同じ状態になっているということです。


以前は、2台のpcのoutlookで、送受信したメールを同じ状態にしておこうと、同期ソフトを購入して導入しています。
2台のpcで常時同期させていたのですが、どうしても難がありました。

1 同期ソフトの思いがけない設定ミスで、全部、あっさりと、メールを失う不安があった。
2 pcを立ち上げて、同期させないと、当然のことながら同期されていない。同期中は気になり、しばしば仕事が中断する。
3 outlookなど特定のメールソフトのあいだしかメールのデータが同期されない。

GmailをIMAPで設定し、pcのメールソフトも「IMAP」で設定しておけば、Gmailのサーバーと同じ状態に、pcのメールソフトが、すぐに自動的に同期されます。これが無料で利用できるのは、すばらしい!!
しかも、何台のpcでも、OK!

インターネットにつなぎにくい環境でも、pcのメールソフトで同期しておけば、あとで読むこともできるし、うっかり、Gmilを解約して、すべてのメールを失うという恐怖の事態も避けられます。

ただし、メールソフトから送信した自分のメールを、Gmailのサーバーに残すようにするには、ちょっとした工夫が必要。その点は、いずれ、私がやっている工夫を紹介したいと思っています。

メインのメールをgmailそのものにしていれば、このような工夫も必要ないのですが、まだ、Gmailだけに絞り込みたくない人、ずっと使っていたメールアドレスを今後も使い続けたい人には、gmailで他のメールアドレスを取得させるのはおすすめです。

とはいえ、この便利さを、家人に伝えても、ぴんとこない様子。
なぜGmailを通すと便利なのか、わかりやすく話しているつもりなんですが、だんだんと、わからないことをいう人間が悪い、と、不機嫌になるんですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック