ついに地デジが映った!!(長文です)  

画像
2005年の11月に、わが家では液晶デジタルテレビを購入していましたが、地デジが映らず、アンテナをいじったり、ブースターや混合器を換えてみたりして、試行錯誤していました。

その苦戦ぶり、落胆ぶりは、このブログの↓のページを読んでみてくだいさい。

●デジタルテレビ、地デジが映らず、宝のもちぐされ
(2006年8月1日)

●地デジをあきらめるか、CATVか
(2006年8月15日)


やっと映りました。

写真は東京タワーに向けたアンテナです。

なぜ、映るようになったのか、地デジ放送を受信すべく、今も全国のどこかで奮闘している人に向けて、わが家の経験が少しでもお役に立てればと思い、今日はまとめてみようと思います。

<わが家の状況>

・東京タワー方向には、マンションがあって、電波を遮っているようだ。

・ゆえにCATV(テーブルテレビ)にしているお宅が多い。

・CATVを契約していないお宅は、東京タワーに向けるとひどい映像になるため、多摩局に向けて、UHFで受信していた。わが家も多摩局に向けていた。

・液晶デジタルテレビが届いたとき、「いずれ電波も強くなるので、そうなったら映るんじゃないですか」とテレビを運んできた店の人は家人に言い残し、ろくにトライもせずに、そそくさと帰ってしまったらしい。

で、ひたすら「電波が強くなる日」を待ち続けていました。

・「電波が強くなるⅩデー」が待ちきれず、東京タワー方向、平塚方向など、すべて試していた。

・結果、観るに耐えない状態だった。

・電気屋さんに来てもらおうという意見も家族からは出たが、地域的に映らないエリアだとも思われた。
(近所では、東京タワーにアンテナを向けているお宅はなかったため)。

CATVの契約料も、新たなコストと考えると、できるだけ避けたいと思われた。

それで、電波が強くなるまで、もう少し待とうよということになった。

<そんなある日のヒント>

よそのお宅の屋根のアンテナを見るのか、習慣になってしまってました。

そんなある日、近所にできた新築の家の屋根をみたら、なんと、このあたり一帯が向けている多摩局方向ではなく、東京タワー方向に向けているのを、発見!

そのお宅の人に訪ねたら、
「映りますよ、地デジが。電気屋さん、2回も来て、すごく苦労してましたけどね」
とのこと。

そのお宅のアンテナをみると、東京タワー方向に向けて、天地に角度がついている。つまり、東京タワーからの地デジの電波を、アンテナの頭を上げて、拾っているような感じ。

あるほどと思い、わが家でも、天地に角度をつけて、アンテナを子どもにもたせてみたところ、映るではありませんか。

角度をつけるといいらしいので、次の問題は、アンテナにどうやって角度をつけるかという点です。

ずいぶん探してみましたが、アンテナのためのポールでは、角度をつけるようなものは販売されていない。
ホームセンターを探し、使えそうなものはないか、探したりしていました。

でも、待てよと。

標準でアンテナに角度をつけるものが販売されていないのだから、別の方向から考えた方がよいかもしれないと思い、次のところに電話して、相談してみました。

NHKの受信相談
そのほかにも、NHKのHPには、他機関の相談室が載ってました。
地上デジタル放送に関するお問い合わせ

上記のNHKの相談室に角度をつけると映るのですかと質問したところ、次の点がわかりました。

・地上デジタル波は、いわゆる「」のように、一定の幅の間を上下して進んでいるらしい。

・波であることから推測すると、角度をつけて受信できたのは、その波の端っこをアンテナがとらえたのかもしれない。

・可能なかぎりの範囲でアンテナの高さを上下してみてはどうか。10センチでも動かすと、受信できることがある。

さっそく、やってみました。

映りました。

新築のお宅の高さと比べると、ずっとわが家のアンテナは低い位置にあります。
でも、その波の一端をとらえられれば、映るということです。

前のブログの写真と見比べてみてください。
大きなほうのアンテナを上に80センチほど上げて固定しただけです。

これは、大きな発見でした。

アナログ時代では、東京タワーからはまったくダメでしたが、デジタル波は本当にきれいに入ります。
嵐でも大雨でも、まったく動じずきれいな画面です。

このブログにも「地デジ」「映らない」の検索語で入ってくる人は今でも、相当おられます。
映らないで苦労している人が多いのだと思います。

でも、あきらめないでください。
プロにまかせるのが一番ですが、自分たちでも可能です!

<地デジとの格闘の日々をふり返って>

2005年の秋に液晶デジタルテレビを買った段階で、電気屋さんに来てもらえばよかったのかもしれません。
そしたらこんなに苦労はしなかったかもしれません。

ですが、その当時で、来てもらったとすると、電気屋さんに経験が蓄積されていたかどうかは疑問。
「映らない地区です」とダメを言い渡されたら、その後、CATVに加入し、生涯、契約料を払っていたかもしれません。

そして、その当時、地デジが映るHDDレコーダーやPCは高かったですが、仕方なく買っていた可能性が高い。

いろいろ試行錯誤したおかげで、地デジがどういうものかが理解でき、時間はかかりましたが、地デジ映像を楽しむことができました。

<今後の課題>

・今までPCでテレビ録画していましたが、地デジ対応の「キャプチャー」「グラフィックボード」を装着して、PCを地デジ録画できるようにするか、地デジPCをあらたに購入しなければなりません。
(HDDレコーダーより、パソコンテレビのほうが、わが家では何かと便利なため)

・2005年に買った液晶テレビは、HDMI(著作権保護対応)に対応しておらず、これが障害になることがわかってきました。
このテレビで何ができて、何ができないのか、今後のデジタル家電時代に備えて、仕組みを理解して、必要なものは確認しながら、買い足していく必要があると痛感しています。

便利な世の中になったけれど、難しいことがだんだん増えてきてます。
どこまでついていけるでしょうか。

若い世代に教えてもらえるように、日頃から「徳」をつんでおきたいと思います。



 ●デジタルテレビ、地デジが映らず、宝のもちぐされ
 (2006年8月1日)

 ●地デジをあきらめるか、CATVか
 (2006年8月15日)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

H
2009年03月08日 00:38
3年越しですか、今更ですが
おめでとうございます。
私の住んでいる地域はCATV必須なのですが
どうやら、ブースターというものが必要みたいです。
ほんと複雑になりましたね
これは年寄りにはできないぞ...
管理人より
2009年04月13日 20:47
Hさんへ。
ブースターはウチもつけています。
今も画面がときどきモザイク模様(電波が弱い?)になりますが、地デジ画面はキレイですので、頑張ってくださいね。

この記事へのトラックバック