受験生に持たせた栄養ドリンク

画像昨年の長男に続き、次男の大学受験も、そろそろ終盤です。
彼が受験希望した学校の試験は、すべて今日で終了。

あとは、結果を待つのみですから、今晩からは、彼は、数カ月我慢してきたテレビ番組を、深夜まで、片っ端から観ることだろう。

お疲れさん。

よく頑張りました。


大学にエスカレート式の私立高校、そこに進んだ中学時代の同級生、
「うらやましい?」と、尋ねたら、

次男は、ちょっと考えて、「受験はしなきゃダメだ」と、ぽつり。

野球部の公式戦後、夏から数カ月間とはいえ、集中してこれだけ勉強した期間は、これからも、そうあることではないだろう。

自分の学びたいことも、彼なりに、考えただろう。

1日ごと迫ってくる受験日に向かって、不安や焦りと、彼なりに、向き合っただろう。

その分、少し、オトナになったに違いない。

「受験」肯定の彼の言葉を、親として都合よく解釈すれば、

受験は、人生の中で、無駄ではなかったと考えたい。

写真は、朝、彼に、持たせた「栄養ドリンク」。

テンションを上げるのによいと、受験生の母の先輩から聞いたので。

150円なり。

数千円の高いのを買う度胸は、私には、やはりなかった。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック