ライブドア株のその後、特定口座の上場廃止後の扱いが気になります

「ライブドア株、まだ、売ってないの?」と、私のブログを読んでくれた人から、ときたま、聞かれることがある。
はい、まだ、売っておりません。

とくに、勝算があるわけでもなく、ただただ忙しく、そして、以後の新興株の暴落で、気をとられ、ライブドアどころではなかったというのが、正直なところ。

上場廃止決定のニュースが流れた翌日、もう、決めなくちゃなあ、売るか、それとも買い増すか。そこで、エエイと、買い増してしまった、少々。

前日までの株価を見ていると、60円台で買えると思い、成り行き買いで注文を出して、仕事に出かけた。

帰宅して、購入価格をチェックしてみたら、70円だった。あれれ。

悪材料出尽くしということで、逆に上がったの???

そして、翌日、USENが支援するというニュース。なるほど、こういう材料があって、下げなかったというわけですか。

それから、ぽんぽんと、値を上げ、先週末で80円台。

投資会社が2社ほど、ライブドアを買っているという新聞記事が出ていたが、以後もどんどんと、機関投資家が、ごっそりお買い物しているようだ。

さて、どうなるのだろう。

みんな売ってしまったけれど、「6株だけ残してある」という知り合いもいる。
なんで、6株なのか、聞き忘れてしまったが。

気になっているのが、上場廃止後の損失の扱い

ゴルフ会員券は、1円でも、売却できれば、損失計上できるが、倒産では、損失とは認められないということだったはず。(以後、取扱が変わっているかもしれないので、確認してください)


さて、ライブドアのような株はどうなるのか。
税金に関係があるので、記念保有するつもりの私としては、気になるところだ。
上場廃止になった株の特定口座の扱い。

証券会社のサイトを見る限りでは、損失として、きちんと計上できると読める。たとえば、マネックス証券はこちらへ

「どうなるんでしょ、特定口座」と、株式アドバイザーの人に聞いてみたら、
「そんなはず、ないでしょ」と、おっしゃっておられた。
損失として認められるはずはないというのだが。

MSNコラムの足立武志さんは、コラムで、必ずしも損失として認められるわけではないことを示唆しておられます。詳しくはこちらへ

情報が交錯しております。

上場廃止になる前に、きちんと、確認しておかなければ。

上場廃止後のことなんか、気にする以前に、とりあえず、いったん、売却して、損失を確定してから、買うほうが、賢明ですね。

この記事へのコメント

2006年03月19日 16:49
今日のサンデーモーニングで、幸田真音さんが、今のライブドア株の状態についてコメントをしてました。プロが色々な思惑から売買しており、一般の人が安易に手を出さないほうが良いと。私たち素人は、先生のブログで擬似体験させていただきます。

この記事へのトラックバック