FPが、ますます求められる世の中になっていくはず

団塊の世代の、関心事は、退職金の生かし方。▲相談相手として、親はだめ、親戚はもっとだめ。子どもには、退職額さえ知らせたくない。 金融機関に相談すると、あれこれ勧められそうだし、 ということで、相談先として、FPが、求められています。▲ 団塊の世代は、人口が多いので、少なくとも数年は、FP需要は、高いと思いますよ。
▲(( ヨッシーさんのコメントに応えて、ひとこと)

初めまして、先生のブログを拝見して、書き込みます。
私も、FPに興味があり、出来たら資格を取って独立開業を考えています。
今後のFPの動向と資格勉強について、教えて下さい。


試験対策は、過去問にあたって、傾向をつかむ。
▲お金のことは、どんな相談も、保険、税金、相続、不動産、金融、ライフプランの、試験の主要6科目、すべてに関わります。 ▲ヨコの科目に広げて、考えていく習慣をつけると、身につきますよ。

この記事へのコメント

Elisabeth
2005年11月24日 20:50
北見久美子さま

お元気ですか? Elisabethです。
ブログが変わったとのこと、これからはこちらに書き込みをしますね。

あっという間に過ぎ去る1年で、お金の動きをしっかり分かっていないとほんと困りますよね。
教育費、住宅費、これから始まるであろう介護問題、その他、お金が必ずかかることがめじろ押しです。
人生、楽しむことも大切ですから、生活だけにお金が消えていくのも寂しいものですよね。
 FPのアドバイスを受けながら、これからの
人生を豊かに生きる方向をぜひ教えていただきたいです!

 お身体に気をつけて素敵なFPのお仕事続けてくださいね!

この記事へのトラックバック