テーマ:続・「家計応援課」

夫の「ちょっといいたい!」は、株主配当で、なだめました

11月12月にかけて、9月決算の配当金を受け取れる書面が、送られてくる時期です。私も何社か、株式購入してましたので、配当をもらえます。▲その書類が、去年よりも、少々多いので、それを発見した夫、不安らしいんです。 「へんな会社の株、買ってるんなら、お金、みんな、とりあげるぞ!」 と、自分のこづかいしか、管理していない夫が、FP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫の年末調整をあてにするのは、よい妻ですか?

「夫のこづかい」のテーマでは、たくさんコメントいただき、ありがとうございました。 「夫の年末調整」を、時期もきっかり管理して、まるごとあてにするのは、私だけかと思っていたら・・・・。 エクセルで、夫の年末調整を、1円単位で、きっかり計算して、首をながーくして待っている奥さまもいたり。 こうした、数字に強い妻というのも、一種…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

食料は、わが家の場合、週末の、大量まとめ買い派

買い物カゴで、4~5個ぶん、買います。 どーんと買っておいて、平日の買い物時間を、節約しています。 4~5個の分となると、スーパー袋に一つずつ入れるのも、冷藏庫に詰め込むのも、大変なんだけれど、これで、買い物しなくても、1週間、のりきれるゾ! と、うれしいんです。 この食料の山が、1週間、どんどん、子どもや夫の胃袋におさま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

夫のこづかい 共働きはディスクロージャーされているようなものですね

「夫のこづかい」についてのコメント、ありがとうございます。とても、参考になりました。▼年末調整のやり方も、進んでるんですね。 cherryさんのコメント 「年末調整って、私の会社の場合、一円単位で自動的に計算されたものを、社内イントラネット上で確認して、株など副収入がある人は追加申請するという簡単なものです。特に追加はありませーん、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夫のおこづかい平均4万6000円とかいうけれど

おこづかいをゲットするためには、妻の目をいかにごまかすか。 ★年末調整を会社にやってもらわずに、自分で確定申告するという方法は、なかなかの頭脳犯です。 すでに発売された「女性セブン」(小学館発行 12月1日号)で、「突撃! 隣の夫のお小遣い」という企画の、監修をやっていました。 コメントするにあたり、記者の人が、いろいろと取材…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

マネープランのたずなは堅実な人がにぎるのが、ベター

散策さん、コメントありがとうございます。 夫と妻と、どちらがマネープランを主導で立てるのか、堅実なほうが、主導になるほうが、ベターですよね。 リビング新聞、先生のコラムずっと読んでいました。堅実なアドバイスで好感を持っていました。妻は「そんなこといってたら、いつまでも家なんて持てないじゃない。(`ヘ´)」とブーブー言っていましたが。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「家計応援課」ご愛読、ありがとうございました

家計診断「北見久美子の家計応援課」(サンケイリビング新聞社)を連載中は、毎週、月曜日の夜あたりから、締め切りのプレッシャーを感じ始めていました。 そういうときは、家事が山のようにあるように感じるし、子どもが自立できていないように感じて小言が多くなり、やがて口数が少なくなり、子どもから「ねえ、お母さん、聞いてんの?!」と、怒られると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は、アクセスが多いと思ったら、そうか今回最終回でした

仕事から戻ってきて、配布されていた「リビング新聞」(わが家にも入っています)の、「家計応援課」をチラリと見る。 そうかあ、今回、最終回だったんだ。 もう、最終回原稿は、数週間前に編集部の担当者に送っていたのだが、あらためて、自分の書いたものが紙面に載っているものを見たら、しみじみ、じわじわと、最終回の実感がわいてきた。 ブログやホームペ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more