テーマ:余談ですが

夫のPC復旧は、おせち料理づくりより優先項目(泣)

大みそかで主婦としてフル活動しなくてはならないのに、夫が、「パソコンが立ち上がらない(泣)。なんとかしてくれ!!」~~。 2003年版のXP機なので、いつ壊れてもおかしくないのですが、そのたびにあちこちいじって延命してきたもの。それを”お下がり”で夫にあてがってきたのですが、動かないとなると、とっても困る。 大掃除も手伝わず、「メー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母校「佐渡高校」が離島のハンデを乗り越え21世紀枠で甲子園へ

なんと、母校「佐渡高校」が、あの甲子園に出られることになりました。 「21世紀枠」ということで、昨日、決まったとか。 目の黒いうちに、母校の甲子園を見に行けることになるなんて、信じられないくらいの出来事です。 全国に散らばる佐渡人たちの希望であり、誇りであります。うるうる(涙目)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

借金908兆円を積んだ日本丸はどこへ行く

この9月末で、いわゆる国の借金が908兆8617億円になったということが新聞記事になっていました。 6月末時点よりも4兆7845億円増えて、最高更新。 次の4半期には、もっと増えている見通しという。 国民ひとりあたり713万円の借金。 名目GDPの約1.9倍。 ギリシャの信用不安が出た頃から、個人資産が1500兆円ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FPフェア2010に参加して多くの収穫が

10月23日、24日の2日間にわたっておこなわれたFPフェア2010、すぐれた講師たちの話を、椅子に座ってじっくりと聞けるというのは、なんとも贅沢でFPとしての気持ちも新たになった2日間でした。 初日の基調講演での大田弘子さんのお話には、具体的な政策のイメージをあげながら、「まだ間に合う日本の構造改革」の熱いメッセージがこめられて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「50歳からの脳が目覚める思考法」

友人が関わっている講演会で、おすすめがあります。 「もの忘れ」や「認知症」、「脳のはたらき」というキーワードに関心のある人に、おすすめです。 「50歳からの脳がめざめる思考法」と題して、ファンの多い米山公啓(やねやまきみひろ)先生の講演会です。 10月1日(金)午後2:~4時30分 横浜あたりで、お時間のある人、ぜひご参加くださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年齢詐称の顔写真

最近名刺交換をした人が、さっそく、このブログを訪れてくれました。 その感想を送ってくれたのですが、 「昨日会ったあなたとは、別人のように見えましたが・・・・・・・」 真摯に受けとめました。 ブログの開設以来、ずっと同じ写真を使っていましたから、りっぱな 年齢詐称 です(笑)。 悪気はなく、たんに差し替えるのが、億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアコンはシーズンさなかに買ってはいけない

8月2日に200Vの新しいエアコン工事がすんで、喜んでいたのだが、その部屋の子どもがいうのに、ちっとも冷えないという。それも数日たってから。新品なのだから、壊れているわけがないと思って、我慢していたとか。早く言えばいいのに。 これって初期不良?  運の悪いことに、旅行の予定も入っており、すぐに修理をしてもらうことができない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

預金の口座手数料が最後に出現!

まだ預金の利息に期待をもてていたころに、某メガバンクに口座をひらき、残高10万円以上なら、口座手数料315円が無料になるうえ、預金利率が若干高くなるというものを、すすめられるままに、選択した。あれから、すっかり忘れていて、通帳記入したら、なんと、315円がずんずんと並び、毎月、わずかの預金から、しっかり引き落とされていた。 あわて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペーパードライバーを返上して、車の運転技術を取り戻そう

ペーパードライバー状態の人、ずいぶんといます。 とくに女性に多い。 ご主人が運転をしてくれるので、あるいは、させてくれないので、車を自分で運転しなくても、これまで困ることはなかったのでしょう。 でも、運転ができると、暮らしのうえで、選択できる幅が広がります。 住む場所、子どもの保育園への送り迎え方法、職場への通勤、日々の買い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛行機の遅れで呆然

飛行機の「遅延証明書」を羽田空港のカウンターでもらいました。予定よりも2時間10分も遅れて、宮崎空港に着いたからです。証明書内には、「1時間50分」とありますが、結局、2時間以上遅れました。 羽田に戻ってきたスカイマークの飛行機を、宮崎行きということで飛ばすことになっていたとか。 その飛行機がカミナリにあい、羽田に戻ってこれない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

太極拳おぼえ中です

始めたばかりの太極拳。 簡単そうで、なかなかおぼえられない。 ユーチューブの動画の24式を横目で見ながら、真似して動きをしていたら、愛犬に吠えられた。 どうも、動きがあやしい、ようで。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特定扶養控除の廃止でこれでもかの負担増

気になるのは、特定扶養控除のゆくえ。 16歳以上、23歳未満の子どもを扶養する家庭が対象になる控除のこと。 高校の授業料が民主党のマニュフェストどおりに無償化されるなら、扶養控除の廃止もやむをえないと思う。 でも、忘れないで、大学生をもつ親は、本当に負担であえいでいることを。 大学生をもつ家庭は、特定扶養控除がなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども手当よりも子育てにお金のかからない国をのぞみます

政権がかわり、子どものいる家庭に手厚くなるのは大いに歓迎するが、子どのいる家庭に対して現金を支給するより、子どもを一人前にするまでにお金がかからない国、をめざしてほしいと思う。 保育園を増やし、必要な家庭がすぐに入園できるようにし、幼稚園料や給食費は無料。大学の進学費用をもっと抑えて学べるようにする。そんなことのために、予算を使っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族から新型インフルエンザが出た(体験記)

16歳の子どもが、早引けして帰ってきた翌朝、熱がぐんぐん上がり、40度近くになっていた。 きた、きた、きた、新型インフルエンザ。 落ちつこう、まずは、自分がマスクを装着。 ポカリスエットをいやいや飲ませて、ふらふらの子どもを、近くの個人医院に連れていった。 念のため、前もって電話。 初期の頃は、診察拒否されたという話も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こづかい切れの夫はこのところ1000円亭主

1カ月分の規定のこづかいを、給料日1週間前に使い切ってしまった夫は、このところ毎朝、昼食代とタバコ代として、1000円を、私から渡される身になっています。 こんな私は「鬼妻」でしょうか。 財布に1000円しか入っていない夫を、同僚や飲み仲間は、不思議に思っていたでしょう。 学生ならまだしも、いい年をして、財布に1000円札…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出張講師の楽しみは土地の美味なるお土産

先週末は長崎でセミナー講師をやってきました。 日本証券業協会主催「投資の日のセミナー」における、タイトル「私のライフプランづくりとマネーの活用法」。 講師という自分の役割を意識し、参加者になんらかのお役に立てる話をひとつでもしたいと思うので、日が近づくにつれ、プレッシャーが大きくなるけれど、 飛行機に乗れるo(^-^)o、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『任侠ヘルパー』で描かれる高齢者と介護者のきもち

フジテレビ木曜よるの「任侠ヘルパー」をスタート以来、ずっと観ているが、ヘルパーと任侠の組み合わせの異色さに、まずは、拍手!。「生きる」を描いた厚みのあるいいドラマになっていると思う。 草薙剛.さん演じる主人公が、初回ではただのアブなそうなチンピラだったのが、回を重ねるごとに、人とし成長していく姿にひきこまれる。黒…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ついに住宅ローンも50年時代に。長期優良住宅の住み心地

「フラット50」(住宅支援機構)が登場し、なんと50年もの長期ローンを組むこともできるようになりました。 だれでも50年で組めるわけではなく、80歳までで完済できるような返済年数までとなるので、現実には30歳以下の人でないと、50年のローンは組めません。あまりにも長期ですから、喜んで利用する人は少ないでしょうが、どんな人がどのような考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ予防のマスクのおかげで「偶然」に会えました

先週末の失敗、マスクをつけて仕事に出かけ、気がついたら、耳飾りが片方、なくなってました。 マスクの耳にかける部分にひっかかって、落としてしまったみたいです。女性は気をつけましょう。 講師の仕事は、インフルエンザにかかったら、周囲の人に迷惑をかけてしまうので、予防と思い、つけて出たのですが、残念です。 でも、帰り道、思いもかけず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「継続は力なり」中井朱美さんのご本を読んで

大阪の税理士、中井朱美さんから、ご自身の著書「継続は力なり」を送っていただきました。 ブログでまとめていたものを、事務所の25周年を機に、1冊にまとめたものだそうです。 WAFPの前身「女性FPの会」の時代から、同じようにFPで頑張ってきた方で、今、投信会社「浪花おふくろ投信」を立ち上げ、石津史子さんと、「浪花おふくろファンド」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年は伊豆の桜で始まり、講談「秋色桜」でしめくくり

今年は寒い数日をはさんだためか、桜の開花時期が例年よりも遅かったですが、その分、少し長持ちしましたね。 友人とバスツアーで行った伊豆や三島の桜は、3月24日時点では、ほんの1本、咲いていたくらいでした。 桜も花ももう今年は終わりとという先日4月11日には、講談「秋色桜」を聴きました。 講釈師・日向ひまわりさん(真打ち)の講談で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マクドの臨席カップルには苦笑もの

仕事と次の仕事のあいだがあいていたので、マクドナルドでノートPCを広げて作業開始。ヨドバシカメラ版の無線LANサービスに加入しているので、マクドナルドでメールを読んだりできるのは、助かります。 ですが、となりの席の男女。マクドナルドだというのに、くっつきすぎです。 年の頃は、末の子と同じくらい。ガキんちょたちです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「風のガーデン」で家族に残すメッセージを思う

このところの木曜日の楽しみは、夜10時からのフジテレビドラマ「風のガーデン」を観ること。きっとこの作品は、脚本家・倉本聡氏の代表的な1本になるでしょう。 世界で最もすぐれた経営コンサルタントと言われるスティーブン・R・コヴィー氏の著書に、『ファミリー』があるのだけれど、冒頭で、あなたの命がもう長くないとわかったとき、一番大事にしたいも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

株式投資と子育ての共通項

株式投資をしている人と会うと、どちらともなくため息が出ます。 同じ年齢ぐらいの子どもがいる人と会うと、どちらともなくやっぱりため息が出ます。 株式投資も子育ても、 ①自分(親)の思うようにはならない ②望むのとは反対の方向にいくように感じてしまう ③忍耐、また忍耐{%うっとり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの金融安定化法案否決 米国の血管は異常値に

金融は血液のような存在だ。全身さらさらと流れてこそ、健康な身体も保たれるというものだ。 つまったり(梗塞)、切れて大量出血となれば、ときには死にいたることだってある。 でも、大事な役割をはたしている「金融」は目には見えない。 日々、生活していて「金融」を実感することが大方の人にはないので、金融安定化法案が、米国民の一部には「ウ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飾らぬソフトボール選手たちのプレーに感激!

ソフトボール、金メダル、おめでとう。 LIVEの時間帯で、最初から最後まで、釘付けです。 元監督の宇津木さんが解説者だったのですが、 「よし」「いいぞ」 「やったー!」 「入ったぁぁあ!」 最終回でスリーアウトをとったあとは、宇津木さん、涙で言葉も出ず・・・・、 解説者の立場を忘れた宇津木さんの絶叫が、臨場感が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展

一足お先に上野の東京都立美術館で「フェルメール展」を観てきました。 すばらしいです。 印刷物で見てきたものと質感がまったく違います。 とくに、窓辺で光を受けた女性たちが、静かに浮かび上がって絵の中にいて、真珠の耳飾りや身につけている洋服の質感、絹の上質なものだろうと思われ、身動きするたびに絹ずれの音が聞こえてきそうです。(この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

頑張って、地元高校野球

出身高校が野球の県大会「決勝」に出場している。 野球の名門校ではもちろんなく、普通のどこにでもある地方の高校なのだけれど、今年は軌跡が起こったようだ。 まるで、映画のようです。 新潟まで応援に行けないので、インターネットの速報のスコアを見て、やきもきしています。 地元の友人が、ベースボールのアイコン入りのメールを送ってく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「聞いてますメッセージ」を大いにおくろう

「私はあなたの話を聞いてますよ」 というメッセージは、 前回書いたFM東京の取材であらためて思ったのですが、 会話をはずませる、 相談者に話をしてもらうには、 とても大事なメッセージですね。 うなづき(「聞いてますよ」と相手の目を見て、首を小さく上下にする) あいづち(上手なあいづちは、「あなたの話に関心をもっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こぎれい」に暮したくなる本を読みました

暮らしのまつわるエッセイを1冊、読みました。山本ふみこさんの「こぎれい、こざっぱり」(オレンジページ)。オレンジページnetの「山本ふみこさんの家事手帖」を1冊にまとめたものです。 本のタイトルにまずひかれました。「こざっぱり」とした部屋と、雑然とした部屋と、どちらが気持ちよく過ごせるのかは、考えるまでもなく、明らかです。そこに住む人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more