テーマ:映画館に行こう

いい映画にありがとう

家族が関わっているTOHOシネマズ「ららヨコハマ映画祭2010」で、手伝い、応援をかねて、映画を観ました。 心がまいってしまうことがありましたが、よい映画は観ている時間は、その世界にひきずりこんでくれます。 本だとこうはいかなくて、文字を目で追いながら、心は気にかかることが断片的に浮かんでしまいます。 よい映画を観終わったあとは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有楽町で映画「休暇」と映画「歩いても歩いても」をハシゴしました

ちょうど1週間前に観た映画なのですが、自分の記録のために、次の作品を観る前に書きとめておきたいと思います。 「休暇」は「生きることにした。人の命とひきかえに。」とポスターにコピーが入っている映画です。 死刑囚と拘置所に勤務する刑務官と、刑務官のひとりと新しい家族になろうとする女性とその子どもの話。 死刑囚の心や人の死にかかわる…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

映画「西の魔女が死んだ」で幸せになる暮らし方を学ぶ

今週末も映画を観てきました。 「西の魔女が死んだ」。 ハーブティーとこんがり焼いたトーストとジャムを煮る匂いがただよう森の中の家。 そこに住むイギリス人の祖母とその孫娘の物語です。 十数年間も読まれ続けてきた梨木里歩さんの原作を長崎俊一監督が映画化。 今こうして思い出しながらブログを書いていても、うるうるしてくる、おそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ぐるりのこと」は、「夫婦」を続けようという気持ちにさせてくれる映画

いい映画に出会えました。 いいものを観ると、誰かに話したり、書いたりしたくなります。 映画「ぐるりのこと」のこと。 映画のタイトルが絶妙です。 「ぐるりのこと」。 子どもを失って、心が壊れてしまった妻の翔子(木村多江)。そんな妻に、戸惑いながらも、淡々と接していく夫のイサオ(リリー・フランキー)。 重くて辛い夫婦の時…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

映画「かもめ食堂」は、

古い女友達と数年ぶりで会い、3人で、映画「かもめ食堂」を見た。 この映画のよさは、私たちくらいに、おばさんにならないと、「わからないわよねぇ」と、みんな口を揃えて言っておった。 三軒茶屋の場末の映画館。 うろうろ探して、ないないと思ったら、通りすぎていた。 映画館といえば、「シネコン」が昨今のフツーだろうが、学生時代は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more