テーマ:主婦FPのお・し・ご・と

『くらしラク~る』誌での連載の初回テーマは「消費税アップとわたしたちの暮らし」

『くらしラク~る』(PHP出版)の2014年1月号から6回、連載することになりました。連載タイトルは「15分でわかる!やさしい経済NEWS」です。 経済の旬のテーマを、身近に感じられるように解説するというページで、連載の1回目が「消費税アップとわたしたちの暮らし」でした。 連載の初回は、どのようなアプローチがよいのだろうかと、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「くらしに役立つ消費者力アップ講座」でのご質問があったこと

昨日は神奈川県主催の「くらしに役立つ消費者力アップ講座」の講師をつとめました。 国の財政状況のマクロの話から、ファイナンシャルプランニングの必要性、家計の見直し、投資プランニングのひとつとしてのNISAなど、もりだくさんの内容で2時間つとめさせていただきました。 内容が多岐にわたったため、ひとつひとつは充分にお伝えできなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保険の標準利率の引き下げをテーマにとりあげたけれど、書くのに思いのほか時間がかかり

 毎月書かせていただいている原稿のテーマに、4月からの保険の利率(標準利率)の引き下げと、超低金利下でわざわざ貯蓄性の低い保険に加入する意味を考えていただきたいと思って書き始めました。  保険のことをとりあげて書くのは数えきれないのですが、保険のことを理解すればするほど、そして消費者の保険への期待値を知れば知るほど、そして、小さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝! 何年も前の連載を覚えていてくれたなんて

どこから私を見つけてくれたのか、毎回気になる個人相談のお申し込み、今回は、6年も前に連載終了していたリビング誌の家計診断コラム『家計応援課』をいつも読んでいたから、というものでした。当時の切り抜きもとっていてくださったそうで、それもご主人が。 あと何年、書く仕事ができるかという年齢になってきましたが、1本1本、大事にやっていきたいとあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人生100年時代を迎えてのライフプラン ~自分と家族の「いま」と将来のために~」

日本FP協会の生活者向けのイベント「FPフォーラムin山形」で昨日、表題のテーマで、講師をつとめさせていただきました。セミナーを聴いてくださった相談者が、その後の無料相談会で、「相談したかったことの半分が、セミナーを聴いて解決できました」と言ってくれたとか。 ライフプランの必要性をいくらかでも伝えることができたようで感慨無量です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険料控除の改正で、 減税額はいくら?

生命保険料の控除が改正され、今年から保険料控除が3つの枠でそれぞれ計算されるようになりました。 新設されたのは、「介護医療保険」の控除枠。保険会社には、追い風でしょう。 でも、たいていの人は、今まで5万円の(個人年金保険も別枠で5万円)生命保険の控除枠をめいっぱい使っているから、今年枠が広がったといっても、新規の医療保険か介護保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本テレビ「DON」の「お財布仕分け」に出演

お正月あけに急に飛び込んできたテレビ出演の仕事のご依頼があり、右往左往しておりました。 吉祥寺での該当インタビュー、2回のお宅訪問のロケ、そして、月曜日(1月17日)の番組なま出演。 何回かテレビに出させていただきましたが、一般人としては、やっぱり慣れませんなぁ。 とにかく、突然の「お財布見せてください」のお願いに、こころよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「投資の日」記念イベント

10月4日は、「投資の日」! この日、東京国際フォーラムで、伊藤元重先生(東京大学大学院教授)と対談させていただく予定です。 日時:10月4日(月) 昼の部 会場:東京国際フォーラム テーマ:「これからの時代に必要な家庭の経済学」  詳しくはこちらへ よかったら足を運んでくださいね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『50歳からのお金のきほん』改訂版出ました

2010年版のムック『50歳からのお金のきほん』が、書店に出ました。 今回は、消費生活にまつわる、ちょっと注意したいお金のこと、「クーリングオフという制度を理解していますか?」「向こうからかかってきた電話にだまされるな」「大きな買い物の前には保証制度があるか、確認を」「クレジットカードで、家計がゆるんでいませんか」の4本のお金エッセイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅ローンをどう組むかという相談で

すでにマンションの購入契約をすませ、さて、住宅ローンをどう組むかという段階で、相談をいただいた。 ➀変動金利のみで、➁変動金利と固定金利型の組み合わせ、➂フラット35 整理すれば、この3つのパターンだ。 どう組めば一番トクかは、結果論でしか言えないが、低金利のこの状況で、変動金利だけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性のガンに関しての「そうか!」と思った情報

昨日、アフラックの女性のための新がん保険「コサージュ」の商品説明会に参加しました。 保険医の先生によるセミナーや広報担当の方による商品説明という二部構成でした。 「そうか!」とメモしたこと。 ●「上皮内ガン」で亡くなった人はいない→備えるべきガンのタイプにしっかり備えよう ●女性のほうが、各年代でガンにかかる件数が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然薯の静岡のおいしさ発見

静岡での仕事。 お土産は「うなぎパイ」がおすすめかと思っていた、それは浜松のもの。 静岡は、やっぱりお茶、そして自然薯と地元の仕事先の方に教えていただいた。 「自然薯」の名前は知っていたが、食べたのは初めて、たぶん。 とろろでいただいた。 ふつうのとろろの200円増し。 長芋や大和芋よりも、ふっと自然の芳香が立ち…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

相談者の10年後を描いて、今を語ろう

雑誌などの家計相談では、月単位の各支出をいかにカットできるかという金額が、とても大事だ。 本当にカットできたなら、年間100万円をためるという目標が、らくらく達成できるという企画だ。 食費を3000円カット、夫のこづかい4000円カット、被服費を2000円カット・・・・。 合計○○円。 この分、貯蓄にまわる、これで年間貯蓄100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「20代から身につけたい お金の習慣」

日本FP協会の「20代のライフプラン」調査によると、20代の4割は、貯蓄が「ない」、あっても、「25万円未満」だそうです。 金融資産をもっている人ともっていない人の格差は開くばかりで、貯蓄がほとんどないという人の層が、じわじわと広がっているようです。 その背景には、 手取り收入が伸びなくなった、こともあるでしょう。 もう…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

書き下ろしも終盤戦に

この1カ月、文庫本のために、原稿を書いて書いて(実際は、キーボードなので、打って打って)、ひたすらパソコンにへばりついていた日々でした。 いよいよ、正念場(苦)。 幸い、腰が痛くなることもなく、腱鞘炎になることもなく、元気です。 椅子は大事ですね。 写真の椅子は、定価で買うと8万円くらいするようですが、中古事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

win win winの企業&社員&株主

去年の暮れ、IR協議会主催の大きなイベントに、パネラーとして参加させていただきました。 その模様が、1月18日号の日経ヴェリタスに載っています。 IRとはインベスター・リレーションズ (Investor Relations)。ざっくりといえば、「投資家向けの広報活動」とされています。 企業のインターネット上のHPで、「IR」や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通信料金の体系は日々変わるので「思い込み」は要注意

家計相談で家計を見せていただくようになって15年近くになるが、劇的に変わってきたのが通信料のかかり方と料金体系だ。 料金体系の点では、とくに携帯電話やPHS(移動電話)では激変してきている。 昨日の反省点。 通信料金の話で記者のまとめてくれた生原稿に赤を入れたのだが、編集者より問い合わせの電話があった。 「昼間のほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マネーと生活設計の知識の点が線となり、線が面へ。問題から入るのが効率的

「検定」ばやりです。私の属する日本FP協会でも「マネーと生活設計力検定」制度をスコートしています。 この検定に関しては、スタート時に問題づくりに関わり、今回、10月に発売された「公式テキスト」も解説でお手伝いさせてもらっています。 「マネーと生活設計力」の知識のレベルもまた、幅があります。 どのあたりの人を対象にした検定にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1週間で10円も円高が進み、放送の既収録分に実感のズレが生じそうです

ちょうど1週間前、FMヨコハマの「ザ・ブリーズ」のお金のコーナーの放送分を収録したのだけれど、そのときのテーマが「円高」。 102円程度だったので、「思ったよりも円高が進みませんね」といった話をしました。 状況は円高がもっと進んでもよさそうだが、海外の金融機関が米ドルを懸命に確保しようとしているのか、思ったよりも円高になってませんね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「40代のためのお金の鉄則(2009改訂版)」にマネーエッセイが入りました

『40代のためのお金の鉄則』(オレンジページ)の「改訂版(2009)」が書店に出ました。 今回の版では、4本のマネーエッセイが新たに加わっています。 情報ものやノウハウものなど、原稿を書くのは、どんな場合も最大限の努力をしてきたつもりですが、マネーエッセイは、とくに1本1本に愛着があります。 個人相談や講演などの仕事のかたわら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

似たようなファンドに乗り換えたいという相談を受けて

世界のソブリン債を中心に投資するファンドをもっているけれど、それを売って、世界の国債に投資するファンドを勧められているが、どちらがよいだろうか。 最近受けた相談を、ざっとまとめるとこんな内容になります。 国債とソブリン債、どちらも格付けが高いわけですから、そんなに大きく変わるファンドではないと思いましたが、できるだけ客観的な一般…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FMヨコハマ放送&掲載誌「暮らしと健康」届く

今日の業務記録(ブログアップは翌日)。 10月発行のムック「40代のためのお金の鉄則2009年版」(オレンジページ)に私のマネーエッセイが4本掲載される予定です。その原稿の最終締め切りが今日。 内容にもよりますが、締め切りぎりぎりに書いて出すことは相当状況が逼迫していないかぎり、しないようにしています。一晩は必ず寝かせます。 翌朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワードの「変更履歴の記録」を活用すれば、原稿チェックは効率アップ

某経済誌より「投信運用」についての取材を受け、その生原稿がメールの形で届きました。 「生原稿」とは、印刷所にまわる前の文章をさしていいます。 昨今では、原稿チェックのスタイルが、大きく変わってきています。 数年前までは、faxでした。 今は、faxではめったに来ません。 1.メールの本文にコピー貼り付けして送られてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護保険のケアマネージャーAさんの頼もしさと温かさ

「家の光」という雑誌をご存じですか? 農家向けの雑誌なのですが、発行部数は、なんと64万部。 日本雑誌協会のデータによれば、雑誌の発行部数の第1位は「週刊少年ジャンプ」。 「家の光」は「週刊現代」抑えて、堂々の16位というメガ雑誌なのです。 前置きが長くなりました。 この雑誌で私(北見)は、マネー記事の監修をさせていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大学生とFP資格と母の思い

子どものかつての同級生のおかあさんより、大学生になったお子さんがFPの資格に関心をもっているので、話を聞く機会をもらいたいとのことでした。 大学生のFP資格者は、あちこちで会うようになりましたが、子どもの同級生までに、すそ野が広がってきました。 そこで、大学生のお子さんとそのおかあさんと3人でお茶しながら、私はFP資格につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ予防接種を受けるのも、仕事のため、家族のため

インフルエンザが流行っているそう。 今年は10月中に、早々と予防注射を受けました。 持病のぜんそくの薬をもらいにいった病院の壁に、インフルエンザ予防注射の予約告知が貼ってあって、もう、そんな季節かと。 医師も、今年は、「早い」と言っておられたので、受験を控えた娘と一緒に、チクンと受けました。 フリーの仕事は、身体が資本。…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ゆうちょ銀行の用語見直しに対して、他の金融機関は追随、それとも無視?

ゆうちょ銀行が、投資信託の業界用語を、見直していると新聞にありました。 ゆうちょ銀行の顧客は、高齢者や運用初心者が、比較的他の金融機関よりも多いということで、まずは言葉からと、始めたとか。 たとえば、「信託報酬手数料」は、「運用管理手数料」といったように。 意味は、しっかりわからないまでも、なんとなく類推することはできるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「証券投資の日」の前の札幌グランドホテルの夜

今年も「証券投資の日」(証券業協会主催)のイベントに、講師として招いていただいた。 今年の場所は、札幌。 500名もの参加者があった。 参加者のお目当ては、株式評論家の杉村富生先生だろう。 わたしは、前座として、気楽に皆さんに聴いていただいた。 会場は、札幌グランドホテル。 北海道で一番よいホテルだそうだ。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主婦FPの出張の夜と夫の家事力

大阪で行われたFP向けの「執筆実務の基礎」の講師を、なんとか終えられた。 FPの実務能力の研修の一貫としての講義(FP教育研究所)なのだが、目玉は、事前に書いてもらった文章の添削。添削するのも、私。 初めてのプログラムで、どんなことになるのだろうと思ったが、書く方も大変だったでしょうが、いやはや、講師も時間との闘いでありました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロワッサン誌の撮影場所は、あの豪華な・・・・・。

今発売中のクロワッサン誌(マガジンハウス社)に、私、ちょいと出ています。 この号のクロワッサン誌の総テーマは、「『お金の才能』を鍛える」。 翻訳家でナチュラルライフ研究家の佐光紀子さんの、「家計を診断する」というお役でした。 この号を見た雑誌編集者から、 「ステキな部屋ですね、北見さんの事務所ですか?」 と聞かれた…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more