パソコンや携帯電話、スマートフォンなど、親に慣れてもらうには早いほうがいい

新しい概念に興味もって、使いこなせるようになるには、年齢が1歳でも若いときのほうがいい。自分が若いときに体験していないことは、なかなか使いこなすことろまでいかず、覚えたとしても、抜けていくのも早いものです。 親ごさんと離れて暮らしているなら、できるだけ早く、理想は60代になるまでに、親ごさんに慣れてもらって、日々の暮らしの中で、普通に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「わが母の記」の親子の愛がせつない

昭和の文豪・井上靖さんの自伝的映画「わが母の記 」、観ました。4月28日封切り。 母親(樹木希林さん)は認知症が進み、記憶をなくしていくのですが、息子(役所広司さん)への何十年も抱えてきた思いが、壊れかけた人格から、漏れ出てきます。捨てられたと思い続けたきた息子の心も溶けていくのですが、母親の愛が信じられるようになったときには、母…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プレジデント」誌で「年収300万父さん」の人気企画で家計診断しました

「PRESIDENT」の人気企画のひとつ、「年収300万父さんは、なぜ幸せなのか」で実物公開「300万円家計簿」を拝見し、家計診断&コメントしました。 家族を大切にし、人と比べず、家族で同じ夢をみて一緒に頑張っていこうとする父さんの家庭は、幸せ感が高いです。 PRESIDENT (プレジデント) 2012年 5/14号 [雑誌]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸2日費やしたvista_32bitからwindows7_64bitへのバージョンアップ

‎5年近く使ってきたPCのvista_32bitを、windows7_64bitへのバージョンアップにトライするために奔走し、いまだに翻弄されています。 32bitから64biは、新規インストールしかできません。でも、市販のバックアップソフトも最新版にしたから、するりとラクにいくと思ったのが、そもそもの間違いで、結局全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老親が最近入った生命保険は大丈夫?

無駄な保障、無駄な保険さがしを、皆さんはしっかりやっていることと思います。 盲点が、老親が高齢になって入った保険です。 郵送で加入できる保険や共済が、たくさんあります。 もちろん告知が必要ですが、そのあたりのことを、スルーして入ってしまうことがあります。 なぜ、高齢になって生命保険に加入してしまうのか。 不安、子に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「元本払戻金(特別分配金)」という表示の仕方になります

投資信託の「特別分配金」は、6月1日以降、「元本払戻金(特別分配金)」という表示をするよう、義務づけられました。 すでに前倒しで、表示している金融機関も多いです。 分配金の高さで、ときには消費者(とくに親世代など高齢者)を勘違いさせながら、販売をのばしてきた毎月分配型の投資信託。「特別分配金」という文言が、「元本払戻金」という表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シニア層のお金を狙う『うまい話』」(日経ヴェリタス)にちょこっと

今日発売の日経ヴェリタスの「連載・FPは見た!」は新シリーズ・「近くて遠きは親のカネ編」。 今号では、取材協力として、私の名前を載せてもらいました。(下のほうに・・)。 拙著『親のお金の守り方』に関心をもってくださった記者さんと、小一時間お話ししただけなのですが、さすが日経の記者さん、要所要所を取材し、トレンディな女性が主人公の読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個人向け国債は大丈夫?安全?と検索してたどりつく人が多いんです

「個人向け国債」「安全か」といったキーワード検索で、このブログに入ってこられる方は、毎日少なくないです。 今、4月発行の個人向け国債が募集をしているということもあるのでしょう。 個人向け国債は、国が元本保証をしていますので、金融商品としての安全性は最も高いといえます。 心配だという人は、ギリシャやイタリアなど、イメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『親のお金の守り方』に「現代的孝養の手引き」との書評をいただきました

沖縄県の石垣島の「八重山日報」の「新刊案内」に、私の本【親のお金の守り方】を紹介していただきました。 掲載された新聞が不意に屆いておどろき、その文章を読んで、さらに驚きました。その書評の文章が、すばらしい。。。私の本の内容のことではなく、書評が。 執筆者は、沖縄県出身の映画評論家の浦崎浩實さんです。 私の本は「親のお金」をテー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まとめ家事-週末に野菜を洗って「蒸す」

私のブログを読んでくれた人から、「野菜ってゆでておくと便利なの?」と聞かれました。 食材の買い物は、基本的に週1回、土曜日か日曜日に、夫と一緒に、格安スーパーで、どぉっと買ってきます。 で、買ってきた野菜は、なるべく、その日のうちに、洗って、切って、ゆでておくのですが、最近は、「ゆでる」ではなく、「蒸す」をやってます。 ヒント…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「卵子の老化」は避けられない。知っていると知らないとではライフプランに大きな影響が。

本日のNHKのクローズアップ現代は、衝撃の事実を教えててくれた。 女性の卵子は、老化する。 精子は、毎日つくられるが、卵子は、女性が生まれたときから卵巣にすでにもっているもので、その数は、年齢とともに、しだいに減っていく。 そして、女性の加齢とともに、残った卵子も老化が進んでいくということ。これは、もうどうにも引き戻せない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FP中村芳子さんのご本「養子でわくわく家族」(小学館101新書)

今日は、女性FPの草分け的な存在の中村芳子さんの近著について。 「養子でわくわく家族」(小学館101新書)です。 養子を迎えたいと思った理由や、家族になるまでのこと、アメリカに引っ越してアメリカ人の義父や義母と一緒に暮らす大家族になったことまでが書かれています。 「次女は養子なの」と、中村さんから聞いたとき、驚きはしなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パケット代の節約の小ワザは無理とわかり、現在、2台もち

今月の1日から、パケット代を節約すべく、携帯の2台もちに戻りました。1カ月ぶり。 1台はドコモのスマートフォン。こちらには、日本通信のBモバイルのカードをさしています。 もう1台は、旧式の元祖スマートフォンで、ドコモのFOMAカードをさして、電話専用です。 これで、約2000円/月のパケット代が節約できます。 先月は…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

がんワクチンを早く多くの人に

がんワクチンが臨床テストの最終段階にきていることを、今朝のNHK「あさイチ」の番組で知りました。 私の父も、肺がんで横浜の某クリニックで、がんワクチンを受けたことがあります。 もう17年も前のことです。 うん百万円の費用をかけました。 今日知ったがんワクチンは、多くの人が安価で安心して受けられる健康保険適用のワクチンをめざし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人事と思っていませんか?子への愛情を悪用した「振り込め詐欺」

振り込め詐欺の被害総額、昨年1年間で、なんと36億円(警視庁発表)。 これだけの巨額の親世代のお金が、詐欺師に、みすみすわたっていってしまうのは、はらだたしい。 親世代が、騙されてしまうのは、子どもへの愛情からなのです。 痴漢してしまった 横領が発覚しそう 交通事故を示談にしたい 電車に会社のお金を置き忘れたなどなど。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の宅配便システムは、世界一の信頼度

実家のある新潟は大雪。 親のもとに、週に1回、宅急便「宅配便」を出すのが、このごろの習慣です。 中身は、温めれば食べられるもの。今回は、炒り鶏、牛すじの煮込み、ポトフ、バナナ、お菓子類など。 夕方6時ぐらいになって、クロネコヤマトさんにwebで申し込む。 すぐに取りに来てくれて、翌日には、大雪の中でも、新潟の田舎の親の元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと規制の方向に 高配当の投信

円高、世界中の株安となって、運用成績の悪化に比例して、高配当をうたう投資信託に対する不満やトラブルの相談が金融庁に増えています。70代の親世代の相談者のひとりも、高配当投信の配当のしくみを私が説明したとき、非常にがっかりし、そして、怒っておられました。 そのころ書いたブログがこちら。 欧米では、購入した人の元本を配当にまわすこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーフ(悲嘆)ケアのカウンセリングを受けたひと

個人相談をやっていて、相談者の経験から、私のほうが学ばせてもらうということが少なくありません。 突然、夫を亡くされたかたでしたが、大きな悲しみに比べて、比較的早く前向きに変わることができているように感じました。  グリーフ(悲嘆)ケアのカウンセリングを受けたそうです。  大きな悲嘆で何もできない状態から、カウンセリングを受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かぎりある親との時間を大切に、『親のお金の守り方』

みなさんの親ごさんは、お元気ですか? 子どもである私たちが、住宅ローンの返済や教育費の捻出、子どもの受験に追われているうちに、ふと、サイドミラーをみたら、老親がエンストを起こしていた。40代から50代になると、そんな経験をする人が多くなってくるのではないでしょうか。 『親のお金の守り方』(朝日新聞出版)という本を執筆しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命保険料控除の改正で、 減税額はいくら?

生命保険料の控除が改正され、今年から保険料控除が3つの枠でそれぞれ計算されるようになりました。 新設されたのは、「介護医療保険」の控除枠。保険会社には、追い風でしょう。 でも、たいていの人は、今まで5万円の(個人年金保険も別枠で5万円)生命保険の控除枠をめいっぱい使っているから、今年枠が広がったといっても、新規の医療保険か介護保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more