借り換えに行く前に、今の銀行に交渉して成功したKさん

最近あったご相談でした。
借り換えの試算をいろいろやったけれど、自信がないのでちょっと見てください」と。

もう何回かご相談いただいている方なのですが、とても丹念に各銀行の優遇金利引き下げ率手数料など調べて、メモしておられました。

どの銀行に借り換えをしたらベストなのかは、答えが出ないんですね。

先の金利がいつ、どのくらい、上がるのか、わかりませんから。

いろいろ一緒に検討してみても、これしかないでしょ、という銀行をひとつに絞り込めません。
この2、3の銀行で、主人と相談してみますと、帰られたのですが、

あとになり、あっ、言い忘れたと思い、メールを差し上げました。

今の銀行でダメもとで言ってみてください。

「もっと金利を下げてもらえませんか。でないと、他の銀行に借り換えますよ」と。

すぐに実行に移され、結果、手数料5万円ちょっとで、固定金利型から「優遇引き下げ」がついた変動金利に切り換えOKという銀行の返事を引き出せたそうです。

お忙しいご主人さまが、借り換え手続きや何やらで費やす時間や手間を考えると、銀行をかえずにローンの切り換えで継続したほうがずっといいと、ご夫婦で意見がまとまり、実行に移すことになったと知らせてくださいました。

ご相談者からの情報提供は、本当にありがたいです。他の人のために生かすことができますから。

それにしても、よかった。よかったぁ。

少し前には、切り換えに応じてもらえるということは、あまりなかったんじゃないでしょうか。
銀行間で、住宅ローン契約獲得にしのぎをけずっていますが、今ある契約も大事にしてほしいですよね。



"借り換えに行く前に、今の銀行に交渉して成功したKさん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント