現金による学費の振り込みを、無事終了。嗚呼!!

息子の大学の前期授業料を、「現金」で振り込みました。
毎回、ちょっと、どきどきします。
その理由は次の2点です。

こういう家庭内の事務処理は、私は苦手です。

今まで、20年ちかく母親やってきているのだから、100%、学習済みなのですが、毎回、何かしら、ごたごたがあります。

失敗談には、ことかきません。

印鑑

自分の身分証明書

通帳

振り込み用紙

キャッシュカード、数枚。(1枚で引き出せなかったとき用)

携帯電話

必要ないものもありましたが、念のため。

持ち物、チェックして、学費振り込みだけのために、銀行へ行ってきました。

郵便局と、夫の口座から、現金を引き出し、息子の学費を、母親の私が窓口にて、振り込み。

銀行から確認されたこと。

①私の身分証明

②息子の口座が、当銀行内になるかどうか。


③息子の誕生日

今回は、とくに、問題もなく、振り込み完了。


ちょっと、どきどきした理由の2点目は、

学費の額の大きさ。

今年は、2番目の息子も、大学に入って、入学金やら、授業料やら、車の免許取得のための自動車学校のお金やら、

覚悟はしていたものの、ため息が出ます。

まだ、数年続くと思うと、FPとはいえ、暗くなります。

まさに、お金に羽がはえて、飛んで行くという感じです。






"現金による学費の振り込みを、無事終了。嗚呼!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント