2006年 人々のマインド好転で、FPはもうかるぞ

子どもの世代のことを考えると、ユーウツになっていた国債発行額。来年度は、29兆9000億円台と、01年以来、5年ぶりに30兆円を割る見通しですって。■企業の業績もよくて、税収も増えているというし、大借金家計の日本も、繰り上げ返済できたりして、明るいきざしが見えてきたみたいです。
■国のお金も、産科や小児科など、これまで診療報酬率が低くく、経営が厳しかった病院にも、報酬率アップという形で、お金が流れていくらしい。18日の新聞に載ってました。

**********************************************************************************

そうだよね。眼科さんは、報酬率が高くて、どこも、儲かっているみたいですが、少子化に悩む日本から、産科小児科が減っていくのは、なんとも、おかしい。

来年度は、こうしたお金の流れのゆがみも、是正されそうですね。

人は、明るいきざしがあれば、なんとなく、ハッピーで、ショッピングやレジャーを楽しむようになるでしょうし、部屋をキレイに飾ったり、家電を買い換えたりと、お金を使える気持ちになってきます。

だから、ちまたで言われているように、来年は、すごいことになりそう。
株価はあがり、人々は、リスクを、積極的にとろうとするだろうし。

そうなると、ファイナンシャル・プランナーの仕事は、増える。
「風が吹けば、桶屋がもうかる」という諺があったけれど、

景気がよくなければ、ファイナンシャル・プランナーがもうかる・・・・

もうかるとよいなあ・・・・。



"2006年 人々のマインド好転で、FPはもうかるぞ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント