無党派層が求めたのは、ぶれのない信念のリーダーと自己実現の一票

衆院議員選挙の速報が次々と出ている。


予想していたように、郵政民営化が指示された。


それにしても、これだけの、自民党の圧勝は予想外だった。


郵政民営化という政策を指示するとともに、小泉純一郎という、ブレのない、強い信念をもったリーダーを、時代が求めていたのだろう。


そして、自分の一票が、求められている。そんな強い実感が、ひとりひとりにあったという点が、今までの選挙と違っていたのだと思う。


郵政民営化に反対したが、今回、当選した議員さんたちは、今後、どのような、言い訳と妥協点を、展開していくのだろうか。


矛盾をかかえてやっていくのでは、話し方、もののふるまい、表情、かもしだす雰囲気に、品格がなくなると思うのだが。





" 無党派層が求めたのは、ぶれのない信念のリーダーと自己実現の一票" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント