年金アドバイザーに合格しました

自分のプロフィール等に「年金アドバイザー(3級)」を加えられるようになりました。
昨年、11月に合格の通知が来ていましたが、仕事におわれて放置してました。
通知結果を見ると、合格率34.32%。全体の席次では12,351人中669番目。2週間くらいしか勉強できなかったこと、そして、軽度認知症になってもおかしくない自分の年齢を考えると、まあまあの成績ではないかと自画自賛しています。

○年金アドバイザーとは
銀行業務検定協会が認定する民間資格です。3級の上は2級があり、1級はないようです。(なぜ?)

○どういう人に
金融機関で勤務する人。とくに窓口や渉外にたずさわる行員の人。年金口座を獲得するためには年金知識は必須でしょう。でも、金融機関で勤務したことがないので、実はわかっていません。
私がなぜ勉強しようと思ったか、ですが、年金がテーマの執筆や年金がからむライフプラン関係の講座をすることが多いので、知識の基礎を固めたいと思い、受験勉強しました。

○試験内容
【基本知識】と【技能・応用】に別れていて、前者は年金をある程度勉強していると、そう難しくはないのですが、【技能・応用】が私にはやっかいでした。
とくに、夫婦の生年月日とそれぞれの加入状況が長々と文章で書かれていて、加給年金だの遺族年金だの「正誤」を問われるのですが、全くできず、知識のなさに痛感しました。

○短期合格へのこつは
【技能・応用】に正解するには問題への慣れが必要。私も最初は、とても出来る気がしませんでしたが、過去問題集(経済法令研究所のもの、標準らしい。試験申込をするサイトから購入できる)で、超特急で過去3回分のを2回やってみるうちには、だんだん要領がつかめて、正解できることが多くなりました。

問題の文章を読むときは、とにかく手を動かすことです。
私がやったのは、横に一本の線を引き、生年月日から加入歴を書き込んでいき、「20歳」「60歳」のところでは、その人の資格期間がどうなっているか、夫婦それぞれ描いて、重なりぐあいなどを意識しました。
試験の傾向は似ているので、過去問を繰り返しやれば大丈夫です。頑張って!

○2級は
挑戦するかどうかは不明。かなり難しそう・・・・・。どう生かすか見えてきて、内側からやる気が出てきたら、頑張りたいと思います。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック