離れて暮らす親が家に戻れなくなった

認知症でいまだひとり暮らす母が、自分の家に戻れず街の人の世話になったという話が、いくつも耳に入るようになってしまいました。
なぜ、出歩きたがるのか。
本人の心のなかで、何かしらのストーリーが浮かび、家を出て、ある目的に向かって歩きだしたものの、すぐになぜ歩き始めたのか、目的がわからなくなり、家に戻る道もわからなくなってしまう・・・・・。いわゆる「徘徊」ということでしょうが、本人には目的はいつだってあるのです。
ただ、戻る道を、脳が判断できる力をなくしてしまったということ。

食べること、排泄することは自立できており、自宅にいたいというのは本人の強烈な願いだったため、なんとかこの数年、いろいろな工夫をし、頻繁に遠距離の親のもとに帰省して、認知症でもひとりで暮らせる環境を整えてきましたが、本人が自宅にもどれなくなれば、ひとりでは安全に暮らしていける状態ではなくなったということです。

親の暮らす街で、受け入れてくれる施設を探すか、娘である私の家に来てもらいデイサービス等を利用しながら一緒に暮らしていき、グループホームや有料老人ホームなどを探すか。
どの選択肢が最良なのか、実現可能なのか、そして、親にとっても私にとっても、まあまあの幸福を維持できるのか。
そして、親のお金のなかでどこまで可能なのか。

でも、そもそも、施設やデイサービスを希望しても、空きがなければ選択することもできず、それは、親の住む街でも、私の住む街でも、同じですから、見通しがたちません。

仕事や家事では、段取りをよく行えば、それだけの甲斐や答えがありましたが、親のケアは段取りしたくても、思うようにいかない。

いま一番優先すべきことは、なんなのかと、自問自答しています。

徘徊によって、思わぬ事故に会ってしまうことを極力避けなければ。これが第一。

早くなんとかしなくては。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック