がんワクチンを早く多くの人に

がんワクチンが臨床テストの最終段階にきていることを、今朝のNHK「あさイチ」の番組で知りました。
私の父も、肺がんで横浜の某クリニックで、がんワクチンを受けたことがあります。
もう17年も前のことです。
うん百万円の費用をかけました。

今日知ったがんワクチンは、多くの人が安価で安心して受けられる健康保険適用のワクチンをめざしているそうです。


すでに全国で50箇所の病院で、臨床として受けることができると放送でありました。
そのために臨床データを集めています。

ちなみに、「がんワクチン」で検索すると、非常に多くのサイトに行き渡ります。
でも、その治療の効果のほどはギモンとのこと。

本当に効果があるなら、データを積み重ねて、認可をめざすべきと、出演していた研究に携わる中村祐輔さん(東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 教授)が言っていました。


臨床に参加できる病院の情報は、NHK「あさイチ」に行ってみてください。こちらから

追記(2012年2月7日)
がんを克服した友人によると、次のサイトを毎日のように見ていたそうです。

がんサポート情報センター


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック