他人事と思っていませんか?子への愛情を悪用した「振り込め詐欺」

振り込め詐欺の被害総額、昨年1年間で、なんと36億円(警視庁発表)。
これだけの巨額の親世代のお金が、詐欺師に、みすみすわたっていってしまうのは、はらだたしい。
親世代が、騙されてしまうのは、子どもへの愛情からなのです。

痴漢してしまった
横領が発覚しそう
交通事故を示談にしたい
電車に会社のお金を置き忘れた
などなど。

親は子のダーティな失敗を、お金で解決できるならと、だまされてしまう。
よく考えれば、子がしでかした失敗は、お金では解決できないのに、緊迫した状況におかれて正常な判断ができなくなるのでしょうか。

親の、子への愛情を、犯罪に使うというのは、本当に許せない。

被害者の8割は、60歳以上の女性

増えているのは、手渡し型の犯罪。
その9割以上が、1都4県に集中しています。

日頃から、親とはできるだけつながっておきたいもの。

近著「親のお金の守り方」で書いた内容なのですが、親のお金はひとつの口座に集中させないことをおすすめします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック