グリーフ(悲嘆)ケアのカウンセリングを受けたひと

個人相談をやっていて、相談者の経験から、私のほうが学ばせてもらうということが少なくありません。
突然、夫を亡くされたかたでしたが、大きな悲しみに比べて、比較的早く前向きに変わることができているように感じました。
 グリーフ(悲嘆)ケアのカウンセリングを受けたそうです。

 大きな悲嘆で何もできない状態から、カウンセリングを受けることを選択したその相談者は、賢明な選択ができる方だと思いました。

 同じような立場の人に出会ったら、このことを伝えてあげたいと思います。

 でも、調べてみると、ずいぶんといろいろな機関があるようです。

 選ぶポイントなどが見えてきたら、機会をみて書き込みます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック