放射能と家事合理化のために野菜はまとめて洗うのがおすすめ

食材の買い物は基本的に週1回です。最近、心して実行しているのが、その日のうちに、野菜や果物はすべて洗い、葉物はゆでておきます。
放射能は自分のためには、あまり気にしていないけれど、子どものためには、野菜はしっかり洗いたい。
でも、野菜をしっかり洗うというのは、案外と手間で、そのたびに、洗いおけを出し、ざるを出し・・・。

洗っておくと、とても気がらく。

洗いながら、この野菜は炒めものにしようとか、傷みが早いから明日食べてしまおうとか、頭の中で、献立や調理の手順を、自然と整理しているし、冷蔵庫から出してすぐに、包丁で切ることができて、億劫さが半減します。

土曜日の夕方に買ってきた野菜、ひと晩おいてしまったけれど、洗って、ゆでたり、きざんだり、冷蔵庫におさめました。

画像

今回買ってきた野菜&果物は、

小松菜、レタス、キャベツ、チンゲン菜、ピーマン、パプリカ、もやし、タマネギ、人参、春菊、セロリ、かぶ、万能ネギ、大葉、きゅうり、ミディトマト、ニンニクの芽、ぶどう、メロン

なんとか、冷蔵庫におさまりました、ふうっ。。

ゆでた野菜は、こんなふうに。(下のリンクをクリック)

この保存容器、100円です。なかにざるがついていて、野菜を入れるのに便利。もともとは魚を保存する容器です。
密閉はできないけれど、冷蔵庫の奥行きにぴったり。便利ですよ。

前に書いた記事はここクリック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック