預金の口座手数料が最後に出現!

まだ預金の利息に期待をもてていたころに、某メガバンクに口座をひらき、残高10万円以上なら、口座手数料315円が無料になるうえ、預金利率が若干高くなるというものを、すすめられるままに、選択した。あれから、すっかり忘れていて、通帳記入したら、なんと、315円がずんずんと並び、毎月、わずかの預金から、しっかり引き落とされていた。

あわてて、全額ひきだし、これで引き落とされないと、そのままに放置していた

やがて、口座手数料などとれる時代ではないと銀行さんも理解し、新聞でも、このメガバンクは、口座手数料を無料にするということが記事になっていたので、やれやれと安心し、このことはすっかり忘れていたのでしたが、この夏、通知がきました。

「口座手数料引き落としのお知らせ」です。

ええっと思い、みると、315円を引き落としたということだ。

細かい字をなんべんも読んでも、理解したという自信がもてなかったので、電話をし直接、確認したところ、

「これまで残高がなくて、引き落としのできなかったお客様の口座からは、最後に1回だけ、徴収させていただきました。以後は、いっさいかかりません」と、胸をはっていうので、そんなに明るくアピールできるサービスであるのか、大いに疑問のワタクシでした。

私が契約内容を忘れて、残高10万円以下で何カ月も放置したのが悪いのですが、無料化にしたあとも、こうしてこれまでの分(一回分だけですが)を、とるのかとびっくりしました。

口座を維持するのにもコストがかかるので、口座管理手数料をいただきますという、銀行さんが強気の時代が、かつてありましたねぇ。

税金で救済され、低金利でほとんどただ同然で預金という資金を調達している今は、だいぶやわらかくなりましたが、昔の銀行さんたちのこと、つい思い出してしまった今日のできごとでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック