200Vのエアコンがおすすめ

この暑い最中に、エアコンが止まってしまった。もう20年近く使っていたものなので、いつ逝ってしまっても仕方なかったのだが。それで、大手家電店に行き、エアコンを買い換えた。そのときの気づきを2つ。

家電エコポイントの申請は大手家電店で何も悩まず終了

エコポイントについて、原稿で書いたり、話したりしてきたのだが、実際に自分でやるのは初めて。大変そうに思っていたが、大手家電店だったせいか、申請から郵送まで、一連の手続きを家電店のスタッフがその場でやってくれた。

ココとココにお名前を書いて、と言われるがままに必要事項を記入し、これで完了。
あとは、JCBのギフトカードが送られてくるのを待つばかり。

この家電店のそのギフトカードを使えば、5%分おまけしてもらえるんですって。


200V仕様は、アンペアがかさまずに助かる

エアコンを買い換える際に気になっていたのが、わが家のアンペアで足りるかどうかという点。エアコン複数台と炊飯器と食器洗い乾燥機を一緒に使ったら、ブレーカーが落ちてしまったことがあった。
今回、200V仕様のエアコンだったので、必要アンペアは半分ですむことになった。

なので、なんとか自宅のアンペアをあげずに、やっていけそうだ。
すでに何台か200V仕様の家電を使っており、家の中まで200Vが引かれているので、費用はコンセントの変更分だけ。

必要アンペアが半分になるのが、???の人は、たとえば、次のページなどが参考になりそうですよ。

半谷 仁子さんの(All About「オール電化住宅」旧ガイド)ページ

http://allabout.co.jp/r_house/gc/25141/


エアコンメーカー、ダイキンのパンフ

<追記>
多くの家庭で、家まで200V配線がきているので、これまで200Vを使っていなかった家庭でも、ブレーカーとコンセントの交換工事(合計で約3000円)で、200V家電が使えるようになります。

電気の契約アンペアを10アンペアあげると、260円くらいアップするので、200V家電は、契約アンペアをあげずにすむ方法としてもおすすめです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

通りすがり
2011年01月28日 10:51
よくわかってないようですが。
200V(単相)でも、ブレーカーが落ちる電流は同じです。
エアコンの容量が大きくなっていれば、契約Aを上げないとブレーカーが落ちます。
なお、60Aを超えてKVA契約の場合は、契約容量全部のAでなくても遮断器が落ちる場合もあります。
通りすがり
2011年01月28日 10:56
あと、3相200V(動力契約)の場合は、メーターも別になります。
エアコンは暖房の方が消費電力が多いので、この時期、ブレーカーが落ちていませんか?
追加
2011年01月28日 11:07
単相200Vは、
-100V, 中性線(0V接地), +100V
の3線から200Vを取るものなので、
確かに、個々の100Vあたりの電流は半分になります。
200Vにして電線を流れる電流が半分になるので高い消費電力の機器が使えるのです。でないと電線が火を噴きます。
ブレーカーは、両側を足したもの、即ち100Vの時のAと変わらない容量で落ちます。
よく勉強してください。

力率も考慮してください
2011年01月28日 14:40
更に言えば、
交流ですから、電圧×電流=消費電力
にはなりませんよ。交流は時間とともに電圧が変動し、電流はエアコンなどでは位相がずれるからです。
皮相電力や力率が関係してします。
力率は家庭用エアコンで80%くらいでしょうから、
電流(A)は消費電力を0.8で割った値になります。
例えば、消費電力1000Wのエアコンの運転電流は、
およそ12.5Aということになります。
動力にすれば単価は安い
2011年01月28日 14:50
エアコンやモーターなどの動力機器のカタログには、
力率が書いてあると思います。
それは、上で説明したように、ブレーカーの容量が足りるかどうか消費電力(メーターでの課金)だけではわからないからです。
まあ、KVA契約ではなく、A契約ですから、小さな家に住んでいるんでしょうが、使用量が多ければ、3相200V(動力)契約にして機器を買い換えれば電気代が安くなる場合もありますよ。

管理人(北見)
2011年01月28日 16:04
通りすがりさん、詳しい解説、ありがとうございました。文系のアタマでは十分に理解できていないかもしれませんが、200ボルト家電にしたからといって、単純にアンペアの節約になるわけではないということがわかりました。ワタクシ、ご推測どおり、小さな家に住んでまして、60A契約ですが、これ以上、大きくできないそうです。家電を買い換えないで、ブレーカーが落ちずに、電気代も安くするには、何かいい方法がありましたら、ご指導くださいませ。
通りすがり
2011年01月28日 18:21
>家電を買い換えないで、ブレーカーが落ちずに、電気代も安くするには、何かいい方法

残念ながらありません。
まあ、エアコンを複数台、同時使用しないことです。

60A契約を、10KVA(100A相当)にするのは簡単です。
電気工事店に依頼して、漏電ブレーカーの50Aをつけるだけです。ただし、使い方によって50Aでもブレーカーが落ちます(50A+50A。つまり、100V片側で50Aということ。部屋の配線と機器の同時使用によります。)なので、200V機器が多い場合を除いて、普通、8KVA(80A相当)契約はしません。
漏電ブレーカーは、電力会社の60Aまでのブレーカー(リミッター)とは構造が違います。その点、契約容量、目いっぱいまで使えます。
訂正
2011年01月28日 20:28
最後の文の一部が抜けました。

○その点、60A契約のブレーカー(リミッター)のほうが、契約容量、目いっぱいまで使えます。
×その点、契約容量、目いっぱいまで使えます。
エコポイントについて
2011年01月28日 20:43
それから、
エコポイントについても、
店で換えるのは損ですよ。
普通は、ネットで申請し、後で複数台分を合算します。
そのほうが、他のTVなどを買ったときに、送料や手数料などが一回分で済むからです。
TVやエアコンは何台か買うものですよね。
まあ、いつ予算がなくなるかもという、この時期に買う人はもう少ないとは思いますが。
私などは、2年間で、新築の家用に、エアコン7台(200V3台、100V4台)、液晶TV3台買いました。店でエコポイントに換えているのは、老人ばかりでした。
管理人(北見)
2011年01月28日 21:32
電気香工事店に頼めば、(100A相当)にできるとまでは、東京電力さんは教えてくれなかったので、通りすがりさに、教えていただきよかったです。ところで、10KVAにすると、もちろん10KVAの基本料金になるんですよね? いずれにしても、数年後には夫婦だけになりそうですので、60Aで頑張るつもりですが。通りすがりさんのお宅では何アンペアの契約なんでしょうか? 新築のお宅はいいですね。
家の断熱性能にもよりますよね
2011年01月28日 22:57
我が家は店舗(ではないが)併用住宅なので、12KVA契約(従量電灯C)です。エアコン用に動力契約も考えましたが、今のままのほうが安いので。東電に連絡すれば、家まで来て測定し、親切に教えてくれます。
冬のこの時期、200V機器のエアコン3台同時使用で、100V換算で軽く60Aは行きますからね。
200Vのエアコン(冷房能力が最低でも4KW)だとこの時期、朝の始動電流は100V換算で30Aは行きます。他にも200V機器があるようですし、ブレーカーが落ちる心配をしながら、いちいち電気を消してまわり、60Aで頑張るのは精神的にも良くないと思いますよ。「ワットチェッカー」でも買って、一度各機器の消費電流を測定することをお勧めします(200V機器は測定できませんが)。
まだ、住宅エコポイント、家電エコポイントもあることですし、エアコンはすべてエコ機種に換えた方がいいかもしれません。




管理人(北見)
2011年01月28日 23:17
60Aでエアコン3台は常時動かしているのが、奇跡に思えてきました。エアコンの買い換え、契約アンペアの変更、真剣に考えようかと思います。ありがとございました。
私は電気屋ではないですが
2011年01月28日 23:41
いえいえ、どういたしまして。

エアコンでも、100Vの機種(8畳用とか)なら、朝の始動時の電流は12A位ですが、30分もすれば5A(500W)くらいに下がります。だから、同時に電源ONにしなければ、日中なら3台合計でも15Aくらいだと思います。200V機種(15畳用とか)のような大容量のエアコンは、もともと効率が悪いだけの話です。2台安い(能力の半分を2台)のを付けた方が、同時使用でも結果的には電気代も安くなります。ただし、設置場所の問題がでるだけの話です。
ちなみに、6畳用とかの、チタシで4万円台とかのエコポイント対象のエアコンは、能力をわざと下げてエコ対象にしている製品もありますが、それでも、つい2-3年前の機種よりかなり省エネであることは確かです。

この記事へのトラックバック