ついに昇天、愛機の延命は断念します

前回書いた「修理から戻ってきたPC」が、3日もたたないうちに、致命的な状態になりました。
使用中に、ふっと電源が切れて、再起動させると、「no system」の黒い画面に出るばかり。
このときの、落胆といったら・・・・・・・。前回書いたように、復帰を本当に喜んでいたので。

HDDも壊れてしまったので、それでも、気を取り直し、新しいHDDを購入してきて、バックアップしてあったデータを入れ直し、再起動。

またまた数時間のうちに、ふっと電源が切れて・・・・・・。

電話でメーカーに、前回の修理代金だけでも、返金してほしいと訴えましたが、やはり断られました。

実は、半年前に、そもそもマザーボード自体に不具合があったらしく、無償修理されたPCでした。最初からトラブル続きのPCでありました。

それでも、昇天しそうなPCに、あの手この手で、延命措置をほどこし続けてきました。

費やした費用は、新しいHDD代として、5万円は下りません。

バックアップ、データの復帰など、費やした時間は、費用以上に痛いです。

人間の終末期医療には、一生でいちばんお金がかかると言われます。
だから、終身タイプの医療保険が売れるのです。

PCには、終末期にお金をかけてはいけない。
保証期間内の、まだ元気なうちに、新しいものを購入する。
わかってはいたけれど、非情に実行することが必要だと、今回は痛感しました。

ベストセラーを連発している勝間和代さんは、2年ごとに最新のノートPCに買い換えていると、著書の中にありました。
PCのトラブルに巻き込まれるのは時間の無駄。なので、まだ動いているうちに買い換えるというのは、合理的に考えれば、最良なPCとのつきあい方であると思います。

長年連れ添ったから、なんとか直して使いたいという愛着感覚リフォーム感覚節約感覚を、切り離せないのは、私という人間の限界であります。

なんだか、愚痴っぽくなってしまいました。

3年間、あれこれあったけれど、仕事上の必需品であったFZ700Fに、「合掌」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック