映画「ぐるりのこと」は、「夫婦」を続けようという気持ちにさせてくれる映画

いい映画に出会えました。
いいものを観ると、誰かに話したり、書いたりしたくなります。
映画「ぐるりのこと」のこと。

映画のタイトルが絶妙です。
「ぐるりのこと」。
子どもを失って、心が壊れてしまった妻の翔子(木村多江)。そんな妻に、戸惑いながらも、淡々と接していく夫のイサオ(リリー・フランキー)。

重くて辛い夫婦の時間が流れていくわけです。

いいかげんな男で、自分の考えを表に出さない人間に描かれているのだけれど、妻のところから逃げださない、そんな男なのです。

夫婦の「ぐるり」(まわり?)には、俗っぽい兄夫婦やけだるい母親や、生きるのが面倒くさいという同僚やら。
夫の職業が「法廷画家」という設定もまた、「生きる」こととか「人と関わる」ということの意味を問いかけていて、観客を最後までひきつけます。

社会を騒がせたあの事件やこの事件を想像させる被告人たちが、カメラを通して迫真の表情で観客に訴えてくる。「自分」「人との関わり」「生きること」「他人を消すこと」・・・・。

被告人たちの顔、俗っぽい家族たちの顔を豊かに描きながら、しだいに妻が心を取り戻していくのですが、日本画に打ち込むようになった静かな妻の顔が美しい。

それを見つめるイサオ。法廷画家という、ギリギリの人間の顔を描く一方で、妻の幸福な満ち足りた顔をデッサンする。
イサオもまた、翔子によって自分の職業に意味を見いだし、生きる力をもらっていくような、そんな最後になっています。

撮影現場では、リハーサルに大量の時間とエネルギーを費やしたとありましたが、それがあるためか、ひとつひとつのシーンに登場人物の背景や価値観、メッセージが込められているんです。
ですので、全体としてはわかりやすく、いたるところに、監督さんの観る人に対するサービス精神が入っている映画です。

橋口亮輔監督の作品。
この監督さんのことは、私は前作も観ていません。
ですが、素晴らしい才能だと感じました。

これは本では表現しにくく、映画の映像ならではです。
映画を熟知し、映画の良さを最大に生かしたとてもいい映画だと思います。
おそらく多くの映画賞を授賞するのではないでしょうか。

日本映画は洋画にくらべるとイマイチと思っている人も、たまには、上質な日本映画はどうでしょうか。
観てきた人、感想くださいね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

まい
2008年06月28日 22:40
http://blog.goo.ne.jp/motorichol/

はじめまして。

私も今日「ぐるりのこと」を観てきました。
私も嵐のシーン感動しました。

実際に母が今、空の巣症候群という症状で木村さんが演じていた女性のような状態になっています。

自分では感情をどうやってもコントロールできなくて、身近な人に自分の必要性を求めています。

そういうこともあり、
このシーンでは、母のことを思い、泣いてしまいました。

トラックバックさせていただきました。
ありがとうございます。
管理人
2008年06月29日 08:57
まわりにいる人も辛いけれど、本人はもっと辛いと聞きます。でも、いつかは暗いトンネルも出口から出られるはずですよね。
irohanikompeitow
2008年07月06日 13:31
間違いなく、今年上半期のNo1です。(私が観た中なので極めて狭い範囲ですが)
不安定な奥さんを、ゆるーい感じで、でも、愛を持って支える旦那さん。
正直リリー・フランキーさんって、いままで苦手だったんですが、この役はリリーさんぴったりです。
ちょっと見直してしまったかな(笑)
ストーリーも、重いのかな?っと思いがちですが、そんな事はありませんでした。
心の隅をチクチクつつくような映画ではなく、がつん、とど真ん中に入ってくるような作品でした。
とりあえず、たくさんの人に、観て欲しいですね。
主演の二人の演技だけでも見ごたえありますよ。
脇のキャストも豪華すぎますし。
こーゆー映画を、もっと批評に出していただきたいですよね、メディアにも。
確かに、つくしと道明寺も気になりますけど・・・(笑)
管理人
2008年07月07日 09:42
いい映画は人にすすめたくなりますね。
つくしと道明寺は若い人にまかせて、中年向けの映画を応援していきたいと思います。

この記事へのトラックバック

  • 映画「ぐるりのこと」 リリーフランキー・木村多江

    Excerpt: 今日友達と気になっていた映画、 「ぐるりのこと」 を観てきました。 雑誌であらすじは読んでいたけれど、すでに忘れてて、新たな気持ちで観ることができました。リリーフランキーさんと木村多江さん主.. Weblog: 元リッチOLの愛知でニートだっちゃ.com racked: 2008-06-28 23:09
  • ぐるりのこと。

    Excerpt: ぐるりのこと 自分が始まる 自分の場  観て来たました、やっと見て来ましたあ、「ぐるりのこと」。いや、やっと、なんて言うつもりはなくて。ぐるりはゆっくりでいい、そう思っていて。なんせ多江ちゃ.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2008-07-07 19:49
  • ぐるりのこと

    Excerpt: 土曜の最終で、映画を観てきました。 「ぐるりのこと」 法廷画家の夫と、 初めての子どもを亡くしたショックから、 少しずつ心が病んでいく妻を、 静かな愛で支えていく話。 ぐるりぐるりぐるりぐるりぐるり.. Weblog: へでいくっ! racked: 2008-07-07 21:26