「こぎれい」に暮したくなる本を読みました

暮らしのまつわるエッセイを1冊、読みました。山本ふみこさんの「こぎれい、こざっぱり」(オレンジページ)。オレンジページnetの「山本ふみこさんの家事手帖」を1冊にまとめたものです。
本のタイトルにまずひかれました。「こざっぱり」とした部屋と、雑然とした部屋と、どちらが気持ちよく過ごせるのかは、考えるまでもなく、明らかです。そこに住む人の思考回路にもきっと違いが出てくると思います。
画像


もちろん私も「こざっぱり」したいのですが、片づけが苦手です。
家族の散らかすパワーを、うまく制御できないからだと思います。
そのくせ、パソコンの中のフォルダの整理には、俄然熱中したりします。

こざっぱり暮らしたい人のためヒントがありました。

仕事を終えたとき
帰宅したとき
目覚めたとき

この3つの場面で自分をがっかりさせないために、

仕事前
外出前
寝る前

この3つの「~前」に、ささっと片づけるのだそう。

1日中、ベタで片づけを考えなくていいということなんですね。
そして、だれのためでもなく、自分のために片づけておくということ。

ちょっとしたことなんですが、さっそく暮らしの中に取り入れていきたいと思いました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック