注文したお節料理で、ちょっぴりリッチな元旦の朝

今年は、初めてお節料理を注文してみました。
2万1000円の東急ストアオリジナルの品。
わが家には十分お高い値段でしたが、関東地方のお節料理のスタンダードというものを味わってみたいと思い、思い切って注文してみました。

食べてみて、かなわないなあと思いましたね。
黒豆とかゴマメとか、母が作ってくれたものやお手軽に買ったものを子どもの頃から食べてきましたが、やはり味が違いますね。

黒豆は甘さが軽く上品で、豆の味が生きてますし、ゴマメは特有の苦みがない・・・・。

煮物の味は、ワタシが作る家庭料理とは格段のちがいで、素材ごとの味と歯ざわりがきちんと生かされてました。

31日に受け取って、元旦にベストの味の状態で食べられるのは、品質管理や輸送システム、注文管理システムなどの技術進歩のおかげですよね。

5人家族には、このセット、それぞれの数が少ないので、包丁でカットして、ちょっとずついただきました。

もっともっとおいしいお節料理はたくさんあるのでしょうが、舌にはよい経験でした。

写真は、元旦の朝、箸をつけてしまってからのもの。
あと1日くらい、楽しみたいと思います。
画像

この記事へのコメント

えりざべーこ
2008年01月01日 23:06
明けましておめでとうございます。

お節料理は買ったことはありませんが、いつか買った物を食べてみたいと思ってました。
でも高いものですね・・・
色々忙しい時には便利でいいです。
お金出して,そして美味しくてよかったですね!!

今年も忙しくなりそうですね。
身体に気をつけながらお仕事がんばってくださいね。

今年もよろしく~!!





管理人より
2008年01月03日 21:22
こちらこそ、よろしくお願います。
買ったおせち体験を生かして、来年は一品でよいので、自慢のおせちをひとつ、マスターしたいです。

この記事へのトラックバック