子どもへのマネー教育、これからが本番だ

やっとブログを書く気持ちの余裕ができてきた。家の中の、散らかり放題にも、手をつける余裕もできてきた。2月,3月は、本当に忙しかった。

気がつけば,息子はこの4月から大学生。親として、してやったことといえば、各所に、お金を期日に、払い込むことだけだったような。

それでも、子どもは、たくましく、自分の人生を切り開いていく。

そんな息子が、やたらと自分の銀行口座の番号を知りたがるので、問いただした。

クレジットカード機能つきの会員カードをつくりたいという。

近くオープンする店の、入会が、今なら無料。クレジットカード付きの会員カードなら、年会費が、ずっと無料だという。

母としては、反対である。年会費を、払ってやるから、ふつーの会員カードにしなさいと私はいったのだが、息子には、なぜ、こんな、お得なものに、反対するのか、わからない様子だ。

「それに、ETCもタダになるんだって」
と息子。

アホっ! ウチの車にはETCなどついていない。

クレジットカードの仕組みや責任もわからず、安易に学生がクレジットカードをもつのは、反対。

カードで買うということは、借金するということよ。そもそもねえ・・・・・。

「もういい、わかった、それ以上言うな! 」
と息子。もう、うんざり、うざい、これ以上、私にしゃべらせたくないのだ。

子どもへのマネー教育、これからが、本番だ。

この記事へのコメント

2006年04月11日 22:07
いまさらになって
私もクレジットカードで
買い物することの怖さを知りました。
ポイントも付くって誘い文句を
断ることはできそうにありません!
絶対反対したほうが将来のためだと
思います。
働くようになってからでしょう!!
(^-^)風顛老人爺
2006年04月11日 22:43
拝啓、学生にカードはいりません。 おっしゃる通り也。 草々

この記事へのトラックバック