生命保険の予定利率の本格上げは、当分見込めない

某保険会社の「生命保険の予定利率」についての、説明会に出かけた。
セミナーのレジメ、「いつ頃になりますか?」と、今朝も、やんわり催促されたというのに、このテーマ、関心が大ありで、やっぱり、出かけます、今日は。

現在の標準の予定利率は、1.5%となっているが、来年、いきなり、長期金利が5%になっても、生命保険の予定利率1.5%は、数年先まで、あがらないというしくみを、保険アナリストの人が、説明してくれた。

生命保険の「予定利率」は、ふーん、こんなふうに決められているのかと、ガッテン。

土台が一部でもわかると、するすると、いろいろなことが、ほどけて理解できる。

セミナーで話す、雑誌でコメントする。
アウトプットをするには、その何倍ものインプットが必要。

きょうは、出かけていって、大きな収穫だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 長期金利は上がるのか

    Excerpt: 「生命保険の予定利率の本格上げは、当分見込めない」について 最近、日銀の量的金融緩和措置解除が話題になり、既にこれを見込んで円高に振れてきている。日本の消費者物価指数がプラスにならない時点で、デフレ対.. Weblog: うつはどこへ向かう? racked: 2006-03-02 13:01