身内が多重債務 あなだだったらどうします?

お姉さんが多重債務だという人からの、コメントをいただきました。
お姉さんが返済できないので、ご自分が、お金を渡して、返済を肩代わりしているようなのです。

「三茶com」というのブログで、若い女性のライフスタイルをテーマに、隔週月曜日に連載しています。

今回のコメントは、「自分への投資」という私のコラムにつけられたコメントです。

将来の自分のために、こつこつと貯蓄をしてきたのに、お姉さんの多重債務の肩代わりをするために、貯金が減っていく、そんな状況のようです。

関心のある方は、こちらへ

クレジットの残高が300万円を超えたら、普通の収入の人には、まず返済できないと言われます。
多重債務に陥ったという自覚があるなら、ひとりでかかえこまないこと。

日本クレジットカウンセリング協会では、返済可能な弁済計画を立てるなど、相談にのってもらえるようです。

ひとりでかかえこむのが限界だからといって、妹さんに返済を頼むのは、筋違い。
もうひとり多重債務者を増やすだけです。

こういう相談、他人だから、スパッと言えます。
身内だと、なかなか割り切れないものでしょうが、お金とうまくつきあえない人には、スパッと、強い心で、言ってやったほうが、いいですよ。

このブログの目次はこちらへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 多重債務者の相談窓口拡大、金融庁が検討

    Excerpt: 金融庁は貸金業法改正論議で焦点のひとつになった多重債務者対策の一環として、債務者のカウンセリング体制を拡充する検討に入った。2007年中に金融庁と経済産業省の認可法人で、多重債務者の相談事業を手掛け.. Weblog: 消費者金融調査室 racked: 2006-11-26 10:14