なかなか進まない保険見直しも、ゆっくりと迷った末に

お客さまのひとりよりあり。
この方とは、面談、2回、そして、回数にしてその20倍の電話とメールのやりとりが、この3カ月ほどのあいだにあった。

 

どのFPが見ても、必要額よりも、生命保険の保障額が多い。それも、1本や2本ではない。

 

最初の面談のときに、このことを、ご指摘した。

ご本人も、「目からウロコが落ちた」といった感じで、保険を整理すると、おっしゃっていた。

 

だが、加入していた保険を解約したほうがいいことは、頭ではわかっても、なかなか実行に移せないことも多い。

 

いつまで、寿命が許されているのか、神さまだけが知っている。明日、病気やけがで突然、入院することになることだってある。

 

解約したとたん、万が一のことが、現実になったら・・・・。と、やっぱり、考えてしまうのは、普通の感覚だ。

 

その他、お客さまに、いろいろなことが、重なり、なかなか、見直しも進まないでいた。

 

それでも、ご自分で、解約した場合の返戻金額を問い合わせたり、それぞれの特約の特約料を問い合わせたり、年払いを解約すると、保険料はどうなるか、など、そのたびに、当相談室に電話してこられた。

 

ときには、30分と、話が及ぶこともあった。

 

迷っているときは、解約はしないほうが、いい。

私も、ご自分で、方向が固まるまで、じっくりとつきあおうと思っていた。

 

万が一のことがおこったとき。

 

万が一のことがおきずに、無事にすごせた場合

 

ご自分の方針も、行きつ戻りつ、考えも、ぐるぐる同じところをまわりながらも、それでも、少しずつ、保険に対する考え方、感情の部分も、整理できてきたようだ。

 

そして、きのう、

 

「解約しました! 特約だけじゃなく、ぜーんぶ!」

 

契約そのものを、解約されたとか。

 

その話し方は「ああ、せいせい、した」

 

といった感じで、明るかった。

 

まだ、何本か、検討したい保険はあるが、少しずつ、やっていきたいと、話しておられた。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック