サラリーマンは組合員研修をもっと活用して、退職に備え、勉強しよう

今週前半の仕事で、ある大手企業の、組合員研修で講師を勤めた。
テーマは「低金利時代のお金の生かし方」。

仕事を早く切り上げて、講座に参加してくださった組合員の皆さんは、熱心聞いてくださった。
だが、社員数のわりには、参加者は、多くはなかった。

昼間、市民活動センター等でセミナーを行うことも多いが、その際の参加者は、公共機関が主催とあって、会場は、いつも満員の状態だ。
勉強意欲の高い方は多く、少人数の仲間が集まって、自治体の補助を受け、講師の派遣依頼をし、さらに、勉強していこうとしているのだが、サラリーマンの人たちは、この点、どうだろうか。

日頃、仕事に忙しく、こうしたセミナーに参加することはできない、マネーの勉強がしにくい層だ。
退職金組合員研修自分たちのために、自分たちで選んで講師を招くこんな機会は、サラリーマンにとって、それほど多くない。

さて、この日、質問を受けたこと。「中国株に関心があるのだが、どうだろうか」(さらに、別の人が)「でも、中国という国がそんなに成長するとは思えないけれど、どんなんだろうか」
皆さん、いい質問をしてくださいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック