更新料にこだわって、一生後悔しないようにしてください

リビング新聞・連載『家計応援課』(7月16日号)」にもう一言

「家賃の更新は2年後。それまでに住宅を購入したいが・・・・

 更新料を払いたくないので、とにかく早くマイホームを手に入れたい。今号掲載のリビング新聞(7月16日号)の「家計応援課」では、こんな相談でした。


リビング新聞が配布されておらず、読めない方には、すいません。



約、1カ月後に、リビング新聞社のサイト「えるこみ」に、掲載される予定ですので、感心がありましたら、そのころ、合わせて読んでください。

 
 「このときまでに家がほしい」という、マイホーム取得の締め切りを、この人(相談者)は、2年後の家賃の更新まで、と、しました。


満足して今の賃貸住宅に住んでいるわけではないのに、更新料を払うのは、イヤでたまらないとのこと。



 更新料は5万円以内ですむそうですが、イヤなものは、イヤなんですね。
 きっと、金額ではないんでしょうね。

 でも、更新料を節約したいあまりに、買い急ぐのはやめてくださいね。

 無理なマイホーム取得は、一生の後悔です。

 賃貸契約の更新料は、いわば保険


住居を確保しておき、売り出し物件を、じっくり探す考え方のほうが、賢明です。

 とにかく、もっと、貯めること。
 今の貯金は、150万円



 これでは、頭金どころか、住宅購入の諸費用も払えないし、引っ越し代だって、出せません。あと、少なくとも300万円、いや、200万円でもいいから、とにかく、家計を全面的に見直し、2年で貯蓄できるかどうかが、カギです。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック