ソニー銀行で、早くも8月の金利動向が、わ・か・る

連載の担当編集者の人からのメールに、ソニー銀行へ行かれたそうですね? 今日、取材に行ったら、広報担当の方がおっしゃってましたよ」と、最後に、添えられていた。

そうそう、もう数週間前になってしまうが、WAFP(女性の会)の住宅ローンラボ(住宅ローンについて勉強する集まり)のメンバーと、ソニー銀行にうかがっていた。

最新の住宅ローン情報は FPとしてぜひ、抑えておきたいので、会員の勉強会には、できるだけ参加するようにしている。ソニー銀行の住宅ローンはたとえば、繰り上げ返済手数料が、無料か、非常に安かったり、保証料不要、銀行に一度も出向くことなく、ローンが組める。

中でも、私自身、とても役にたったという経験があるのが翌月の金利を、他行よりもずいぶんと早くサイトに載せているという点だ。

もう2年前のこと2003年7月長期金利急騰した。来月8月の住宅ローンは、絶対に上がるに違いない・・・・と。超低金利も底で、今後は、ゆるやかに上がっていくきざしに思えた。当時、わが家は変動金利から、長期固定金利に借り換えるタイミングをはかっていた。

でも、将来を見据えたこととはいえ、借り入れ金利が今までよりも高くなるのだから、やはり、借り換えには、大きい決断が必要だった。他行のサイトには、むろん、来月の金利など、まだ提示されていない段階だったそれでも、大急ぎですすめるエネルギーになったのが、ソニー銀行が提示していた来月の金利だ。来月は、長期金利同様、上がるはず。
だったら、低い7月のうちに、変動金利から10年固定金利に借り換えよう、と。

それが、2年前の夏。

今日は21日であるが、ソニー銀行では、すでに8月の住宅ローン金利が提示してあった(他行は、たいてい、8月になってから、提示する。ちょっぴり、上がるようだ。他行も同じ動きだろう。

ソニー銀行では、その他、詳細なローンシュミレーションができたり、金利タイプをミックスできたり、ソニー銀行の住宅ローンは、利便性が、さらに、パワーアップしている。住宅ローンを組もうという人は、情報収集という点だけでも、一度はのぞいてみることをおすすめします。

このブログの目次はこちらへ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック