CFP北見久美子のセンスアップ!マネーライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 安全なのはありがたいが、自分のお金なのに、引き出せない不自由さ

<<   作成日時 : 2006/04/20 05:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

「変だぞ 銀行の安全対策」という見出しの記事、精神科医で作家のなだいなだ氏のインタビュー記事には、私も一票! (日経新聞06年4月17日より)
最近の銀行の安全対策は、ガンガンと進んでいる。やりすぎというくらい・・・・。

銀行キャッシュカードの手のひら認証とか、指紋の認証とか、本人でないと、絶対にお金を引き出せない、超安全が売りのキャッシュカード、なだいなだ氏いわく

「病気になったらどうするか。
・・・・・・・ストレッチャー(車輪付きベッド)にでも乗せられて銀行に行けというのですかね」

私は、子どもの大学入学費用の払込締め切り日に、あやうく、お金不足で、アウトになりそうなことがあった。

ちゃんと銀行には、お金を用意していたのに、1日に50万円しか、出せない!
いつのまにか、そうなっていた。
(案内はきたのだろうが・・・・)


先日は、ネット銀行で、証券会社にお金を移動させようとしたら、ロックされてしまった。

A銀行とB銀行、合併したんだから、同じ銀行と扱われるのかと思っていたが、A銀行とB銀行は、現実には、まったく別銀行。契約者番号を、うっかり、片方の銀行に入力してしまったら、カキーンとロックされてしまった。


銀行の安全対策は、なだいなだ氏が指摘するように、

一般国民の8割は、泥棒である」

という発想からであろう。

銀行が守ろうとしている対象は、本当に、預金者なのだろうか。
銀行自身の身を守るため、と、皮肉を言いたくなる。


15年前の金利が、今も続いていたら、ひと世帯、500万円もの金利収入があったという。

言い換えれば、500万円もの、利子を得る機会を、奪われてしまったということ。

なだいなだ氏のひと言。
立ち直った銀行は、国に対してではなく、預金者にお礼を言うべきです

最近、銀行も、おずおずと金利を上げてきているが、まだ、ぜんぜん、足りない!

そう、思いませんか?



ホームページ「北見久美子のサイトへようこそ」と「リニューアルブログ」は
■■こちらから■■

これまでの主なブログの記事の目次 (途中までですがm(._.)m) ■■こちらへ■■

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
拝啓、利子が確かに安すぎます。 銀行はボりすぎですわ。 悪どい商売しています。 アイフル等サラ金の金主でもあります。 草々
(^-^)風顛老人爺
2006/04/20 22:24
利子は低いのにローンの金利が上がっているのが気になります 先日返済を変動型から固定型に変えようと考え銀行に行ったら名義人の主人を連れてくるよう言われました 銀行の営業時間内に主人を連れて行くのは無理!これも銀行の安全対策なんでしょうか 利用者の立場にたってもっと融通きかせてほしいものです
ちえまま
2006/04/21 17:52
拝啓、バブル前の古き良き時代の銀行員いわく 「今の銀行は、お客から集めた金を自分のもんだと思っている。」 と。 乱文御容赦あれ。草々 そこそこ偉かったみたいなので、その後輩部下がバブル及びそれ以降の惨状を悲憤こうがいしていました。 うーむ、銀行はかなり儲かっているので預金の利子を上げるべきですよね。 博打を遣って損をしたら公的資金という税金で助けて貰い、儲けたら自分達のもの。 うーむ 銀行強盗より 銀行そのものが合法的な泥棒に見えて仕方がないのですが。 乱文御容赦あれ。草々
(^-^)風顛老人爺
2006/08/21 13:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
安全なのはありがたいが、自分のお金なのに、引き出せない不自由さ CFP北見久美子のセンスアップ!マネーライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる